2012年11月13日

楽天kobo本の質調査

以前から楽天koboについていろいろ書いてきました。

2012年9月1日 kobo・・・・電子書籍の残念な末路
2012年9月18日 楽天koboに未来はあるのか……?
2012年9月20日 三木谷社長のtwitter発言


今回は以下で書いた記事の追跡調査のようなものです。
2012年9月27日 6万冊の内65%の本は、koboストアで買わなくてもダウンロードできる―ギター楽譜は元値より6割も高い!―

以前9月27日の時点で、6万冊の65パーセントの本はコボストアで買うに値しないような本、のように述べていました。
買うに値しないというより、koboストアで買わなくてもkoboで利用できたり、koboで読む必要性が感じられない本(写真集とか)、について調べました。その追跡調査です。
最初の数字が前回調査した数字、つまり9月27日の数字ですね。二つ目の数字が今回、11月13日の数字です。
「※」で、なぜその本を取り上げたか書いてあります。この分類は、楽天koboストアによる出版別の冊数情報です。

 アディインターナショナル 14229 14230
※ギターコード。公式からpdfでダウンロードできるもの。6割も値段が高。
 青空文庫 10842 10836
※言わずと知れた有名なサイト。ネットで無料で読める。
 パブー 7130 9582 ※電子書籍で有名なサイト。koboでなくともePub形式等でダウンロード可能。
 オブ・インターラクティブ 2898 3005 ※楽譜。koboでなくともダウンロード可能。ただし5円安い(消費税分)
 Internet Archive 1767 1767
※無料でダウンロードできるものあり、koboでなくともいい
 Wikipedia 501 501
※有名なネット上百科事典サイト。え、なんで書籍・・・?ナンデ?
 SmartEbook.com 312 312
※写真集・・・写真集?
 AskUsMedia 164 164
※外国人写真集。日本語書籍、といえるのか・・?
 トライブレインカンパニー 141 141
※エッチな写真集。パソコンやスマフォで見れる。カラー。カラー!?
 APPLE MILK Communications Co. 24 24
※韓国系の写真集?(アジア系? よくわからんが)カラー!

こんな感じで、大きく変わってるのは、パブーの+2000点ですかね。あとは微増だったり微減だったり、変わらなかったりします。
結局合計数は
 9月27日 38008 → 11月13日 40562
となります。ところで前回の調査の時は、散発的なものでしたが、今回はもう少し詳しく調べてみました。
100冊以上登録されている出版社を調査しました。
その結果以下のような感じになります。出版社の名前 冊数 質が低いと判断した理由

 アイマックス 614 ※写真集
 ポリメディア 221 ※写真集
 ビジスパ 169 ※メールマガジン
 フラウス 158 ※写真集
 M.B.D メディアブランド 158 ※写真集
 五百十 155 ※写真集
 トライブレインカンパニー 141 ※写真集
 ラインコミュニケーションズ 111 ※写真集
 タオ 111 ※写真集

となります。見ての通り、写真集がかなり多いです。ほとんど女性の水着姿の写真集や、エロ系です。
他にも電子書籍サイトのものが多くありましたが、パブーのように自由にダウンロードできないサイトは、調査していません。つまり専用ビューアーが必要などの他のサイトに電子書籍としてあるものが、楽天koboに登録されている場合、一応質が低いとは認めていないことになります。

さて現時点で、69013冊ありますがその中で42400冊が、これちょっとどうよ、と思うわけです。実際には、百冊以下で登録されている出版社のもあるので、それも全部調査すれば増えると思いますが。
ちなみに100冊以上登録している出版社は55、99冊以下登録している出版社は239あります。
パーセントで表示すれば、61パーセントとなり、前回の調査よりその比率が低いですが、それでもなんだかなぁ、と思います。
写真集などは、カラーのはずですがkoboでは白黒でしか見れず、いったい写真集のどこに価値があるのか、という話になってきますし、ほかの端末で(たとえばkindleのごとく)自由に読めるわけではありません。パソコンで見れるようになるそうですが、今のところ対応してませんよね。
パブーやアディインターナショナル、青空文庫についても今まで言ってきたとおりです。
つまり、koboストアでなくとも手に入る!!!

確かにkoboストアに並ぶこと自体は悪ではないのですが、約7万冊のうち2万冊とか3万冊とかが、koboを通さず自由にダウンロードできるコンテンツと知るとがっかりですよね。

例えば、コボストアに登録している冊数が多い出版社順に並べてみると、一目瞭然ではないでしょうか。

 アディインターナショナル 14230
 青空文庫 10836
 パブー 9582

 講談社 3397
 オブ・インターラクティブ 3005
 ハーレクイン 2562
 ハーレクイン社 1925
 Internet Archive 1767
 ゴマブックス 1398

この中で茶色の文字は今回取り上げた、出版社です。最初質が低いといいましたが、決して商品自体の質が低いというわけではありません。あしからず。青空文庫など、昔の小説が読める大変貴重で質の高いサイトだと思いますし、パブーなど電子書籍の出版社として先駆的で成長している企業だと思います。
ただ、アディインターナショナル、青空文庫、パブーなど、普通にダウンロードしてかつkoboでもほかの端末でも読めるモノが上位3の出版社に入っているのはいかがなものか、と。
4位で初めて、講談社が来ます。


そんな楽天koboですが・・・・koboタッチの後続機が出ますね。これはちょっと気になっております・・・


※調査時はhttp://wakufactory.jp/kobo/store.htmlを利用しました。





ラベル:電子書籍 楽天 kobo
posted by Y1 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。