2013年04月15日

小川未明『金の輪』『ある夜の星たちの話』『月夜とめがね』【kindle】

Galaxy note(sc-05d)のkindleアプリで小川未明『金の輪』『ある夜の星たちの話』『月夜とめがね』を読みました。

前回も書きましたが、小川未明原作の漫画を購入したのがきっかけです。きっかけはもっといろいろあるのですが、それは前回の記事で。


kindleは辞書をダウンロードして、文字の単語をその場で調べられるようになっているので便利。
辞書は国語辞書や英和辞書など、またさまざまな言語に対応しているようだ。

国語辞書は小学館の大辞泉だった。言葉には例文がついていることがあるのだが、例文の出典が略記である。しかし凡例を見ても略記について触れられていないのはどうかと思うが……
たとえば、「〜〜〜〜」<万・一>という風に用例を書いている。この場合は万葉集一番歌から引用したという意味。まあ、略記は代表的なものだけのようなので問題ないのかな……例えば近代小説ならば作者の名前とs買う品名をきちんと示していた。


で、原作と漫画を同時に読んだので、その感想でも。
以下ネタバレ注意。ちなみに童話迷宮は原作と全く違う内容です。あくまでモチーフって言った感じでしょうか?




『金の輪』
 原作は余りにも短く、あっさりと呆気なく終わるため、何の感慨もなかった。
 漫画童話迷宮のほうも、なんだかよく分からない。

『ある夜の星たちの話』
 原作では星達が語らう話。星野下で生きている人々のことを、優しい星や盲目の星、運命の星などが話し合う。
 漫画童話迷宮はちょっと違う。死んでしまった人たちが欲しになって、あるビルの屋上で語らう。
 漫画の方が面白かった。雰囲気もあって、短い話ながらオチも効いている。

『月夜とめがね』
 原作では、目の悪いおばあちゃんに突如として謎の眼鏡売りが現れ、何でも見える眼鏡を売るという話。そして和やかの雰囲気のまま終わる。
 漫画の方は、比較的原作の雰囲気をオマージュしているというか、ちゃんとやっているという感じ。少なくとも童話迷宮『赤い蝋燭と人魚』のように原作とかけ離れた感じはしなかった。
 コンビニアルバイトの主人公に、謎の眼鏡売りが現れ、眼鏡を売る。その眼鏡をかけた主人公は何でも見えるようになり、そしてちょっと不思議な世界が見えるようになり、和やかな雰囲気で終わる。


posted by Y1 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 青空文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ADS-2000のローラーと分離ゴムパッド注文



ADS-2000のローラーと分離ゴムパッドを注文しました。
あわせて4500円くらいです。安いか高いかは・・・わかりません。。



他と比べてどうなんでしょうね……???

ちなみに交換目安は5万枚です。
通常のコミックだと、一冊200ページ(100枚)が目安ですので、500冊はスキャンできることになります。
文庫の小説だと、300ページ(150枚)くらいなので、350冊くらいはスキャンできるでしょうか。

仮に一冊100円で500冊を代行業者に頼むとなると、500×100円=5万ということになります。
それに送料もかかりますから、5万などではすまず、実質6万、くらいになるでしょうか?

これが350冊であれば、3万5000円の送料という計算になります。

ADS-2000は2万6000円で購入したので、そう考えると安いですが、とても手間暇かかっていますので、ぶっちゃけ500冊スキャンするだけなら、代行に頼んだ方がはるかにいいと感じています。

つまり500冊以上、今後もローラーを交換して使い続ける場合ならば、スキャナーを持っていた方が便利なのかな、費用対効果も大きいのかな、と思います。

ADS-2000は今現在、23000円くらいですが、例えばスキャンスナップの最新版なんかは、5万近くします。そうすると500冊程度で買うような商品ではなくなるわけです。1000冊くらい継続的にスキャンする人が買うべきであるという話になるかもしれません。

もっとも、これは書籍に限った話であって、会社の書類などをちまちまスキャンしたいとか、手早くスキャンする必要があるとかそう言った場合は話は変わってくるでしょう。


ちなみに今自分は現在6万5千枚スキャンをしています……規定の5万枚を軽く超えちゃっています。。。。
やはり読み込み精度が悪い。特に、小説などの薄っぺらい紙はすぐさま重送してしまい、非常にストレスです。(もっとも4万枚あたりでその兆候はあったのだが)。

早く届いてほしい……

電子書籍pdfファイルは、小説・漫画・そのほか雑誌など諸々合わせて770点になりました。
あくまでもファイル数がそうなっただけです。雑誌などは複数号一緒にスキャンしたものもありますし、漫画も複数巻一緒にスキャンした物もあります。

こうなってくると管理やフォルダわけに頭を悩ませます。どうしたらいいものか。。。
posted by Y1 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

Medias W触ってきた

巷で噂の?Medias W触ってきました。

Medias Wはsony tablet pみたく二画面を搭載したAndroid端末です。
sonyのと異なるのは内開きではなく外開きなところです。

つまり閉じた状態では、外側にディスプレイが二つあることになります。
sony tablet pは内開きなので、閉じた状態では、二つのディスプレイが内側で接着する形になります。

かなりよさげに思えます。
これは欲しいかも…………

淵部分、特に上側に沢山幅があるので、広げたときにスマートではなく、武骨な感じがしますし、ヒンジが見えているので、なんだかいただけない感じもしますが、全体的にスリムですし、いい感じです。

操作もしましたが、二画面フルで使うのと、片方を別の機能で使うモードを簡単に切り替えられるのもgoodだとおもいました。AndroidのHomeボタンや戻るボタンと同じ場所に、切り替えボタンがあります。

実機を触っていたら、説明のおねーさんがいろいろと説明してくれました。

Medias Wは外側にディスプレイがついているわけですから、完全に閉じずに、少し開けてやると、特に固定器がなくても、机の上に置くことができます。そしてさらに、動画など一部のアプリでしょうが、両画面に同じ映像を流すことができます。
「だから机の上において、友達と映画も一緒に見れます!」
とか力説されました。

それってお互い対面に座っているってことですよね・・・そんな状況あるかな・・・?
それなら10インチのタブレットを、真ん中において、見たほうがまあいい気が・・・


あと、このMedias wは閉じた状態だと外にカメラが、開いた状態だと内にカメラがあることになり、超高画質で自分撮りもできちゃいます。

超変態端末ですが、欲しい・・・

スペックの方はお察し・・・



posted by Y1 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Android全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

小川未明『赤い蝋燭と人魚』『港に着いた黒んぼ』

青空文庫で小川未明を読みました。
googlebooksを使用しよみました。端末はSC-05D。
文字の大きさがかなり大きく、読みやすかったです。


小川未明は今まで読んだことがない作家でした。
しかし、最近書店に立ち寄った際、気になったのが小川未明童話集というもの。
手に取ることもしなかったですが何となく惹かれました。

そして先日買った古本漫画『童話迷宮』という漫画の原作が小川未明だったのです。


表紙には原案:小川未明と書いてありましたが、よく見らず(そもそも原作つきの漫画とおもって購入したわけではありません)漫画をぱらぱらとめくると不思議な違和感に囚われ、表紙を見て気付いた次第です。

この小川未明とう見覚えのある名前はどこで出会ったのだろうか・・・そうしばらく考えて、ようやく先日書店で文庫本が気になっていたのだと気づきました。

しかし、心のもやもやは晴れず、他にももっと何か気になることがあったはずだ・・・・と思いながら漫画の第一話『赤い蝋燭と人魚』を読みました。その漫画を読んで、赤い蝋燭と人魚はこんな話だったっけ???という疑念が出てきます。確かもっと不幸な話で舞台もここではなかったと……

しかし、小川未明は今まで読んだことなかったはず。なのに何故か赤い蝋燭と人魚というタイトルに覚えがある。
そして話の概要も頭の中に何となくある・・・・

これはなんだ???


そして思い至りました。二年前(三年前かも)。大学の優秀論文発表会で、小川未明で卒論を書いた方の発表を聞いた、その時からこの作品が気になっていたのだ、という事に。

というわけで、漫画の一話『赤い蝋燭と人魚』を読み終わってすぐに読むのをやめ、青空文庫で探し、表題二作品を読みました。

青空文庫には上記に作品しかないようなので、今度、文庫本でも買おうかなと思います。

『赤い蝋燭と人魚』『港に着いた黒んぼ』どちらの作品もなんだか哀愁漂う悲しい作品です。
短いですし、青空文庫にあるので、例えばkindleやkoboでも読めるでしょう。
一読あれ。


追記:googlebooksでは二作品しかないようでしたが、青空文庫にはもっとあるようです。
自分もkidleででも読んでみます。
posted by Y1 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 青空文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【無料】桜沢鈴『本当に泣ける話(義母×娘編)』【Androidアプリ】

前回紹介した、桜木さゆみ『本当にあった笑える話』と同じく、無料で読める電子書籍、Androidアプリです。

全巻無料!本当に泣ける話(義母x娘編) googleplay

全巻無料で読めます。内容は以下のもののようです。



結構面白いです。
4コマ漫画で、主人公は、バリバリキャリアウーマンです。
義理の娘と初対面の時、自分の名刺を渡したり、PTAと学校の会議で資料をめちゃくちゃ作ったり……
そして義理の娘と母のハートフルな、でも笑えちゃう4コマ漫画です。

かなりおもしろいので是非!!無料で読めちゃいます!

なお、このほかに以下の漫画も収録されています。その為、結構なボリュームになっています。

『新米記者サトミの芸能人丸秘レポート』
 芸能人関係の読者投稿を漫画にしたもの。
 読者がたまたま街で見つけた芸能人のことや、風俗やデリヘル嬢が遭遇した芸能人について書かれている。
 個人的には面白くなかったので、全部は読んでいない。
『怒れるブスと美青年』
 ブスが美青年に恋をする話。コメディ。面白かった。
『留魔の不思議通信』
 読者投稿による心霊現象や不思議な話を漫画にしたもの。

個人的に、芸能人の話と不思議通信は面白くなかったので読んでませんが、後のは面白かったです。
Android持ってる人は是非読んでみてください。

ラベル:電子書籍 桜沢鈴
posted by Y1 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

新ブックプレイスという何が何だかわからない、新しい電子書籍プラットフォーム


RBB TODAY
2013年4月5日 東芝、新たな電子書籍サービス「ブックプレイス」開始……専用端末・専用アプリも同時投入

東芝は4日、書店等と連携する電子書籍サービス「ブックプレイス クラウド イノベーション(BookPlace Cloud Innovations)」(ブックプレイス)を開始した。今年夏までに約10万冊のコンテンツを揃える。

という事らしいです。
新ブックプレイスの誕生です。

それが以下URL
http://bookplace.jp/docs/pc/top.html

新しいサービス、そしてサービスに合わせた端末も投入してきます。


ところが・・・東芝はBookPlace powered by BookLive!というサービスをそもそも行っていました。それがどうなるかというと・・・

なお東芝では、これまで「BookPlace powered by BookLive!」の名称で電子書籍サービスを提供しているが、こちらは新たに「BookLive! for Toshiba」という名称に変更され、BookLive社のサービスに移行する。新しいブックプレイスは、「BookLive! for Toshiba」とは別サービスとなり、これまでの会員登録情報、購入コンテンツのデータ、ポイントは引き継がれない。連携機能などもないとのこと。



ということです。これだけ読んでもいまいち分かりませんね。
以下、wikipediaやいくつかの記事を参考にまとめてみました。
http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=2595
http://japan.internet.com/busnews/20120126/12.html

1Bookliveというサービスを株式会社BookLiveが行っていました。
2東芝と株式会社BookLiveが協力して、BookPlace powered by BookLive!というサービスを開始。BookPlace DB50という専用端末も用意。BOOkliveとIDを共有など連携有。
3BookPlace powered by BookLive!をBookliveへ統合(実質東芝が捨てたようなもの?)
4同時に東芝は新たなサービス、ブックプレイスを打ち出す。端末を投入する。このサービスは、bookliveやBookPlace powered by BookLive!とは無関係の、独立したサービスとなる。


ということ。私はBookPlace powered by BookLive!がどれだけ頑張ったりとか、どれだけ品ぞろえがあったのか分かりません。
しかし、ちょっと意味が解らないというか、どうしてこういう事をしたのでしょうか?
無意味な乱立は、消費者にとって望ましくないです。

東芝にとっては無意味ではなかったのでしょう。

最初に引用したRBBTODAYの記事には以下のような文も。
旭屋書店、ダイレクトショップ、戸田書店、リブロ、有隣堂の5つの書店チェーンとの提携を皮切りに、書店および各種小売店舗等との提携を進めることによって、読者が近隣の店舗で電子書籍に触れ、書籍コンテンツを購入できるしくみを構築しているのが特徴とのこと。


この提供というのが何を指すか、どのような協力関係にあるかわかりません。
端末を小売店舗に置くのでしょうか?

確かに最近書店の店舗に、kindleやkoboが置かれているのを見たことはありますが、それがいったい書店にとってどのようなメリットになるのでしょうか。いまいち分かりません。

東芝が今までbookliveと共同で行ってきた自社サービスを切り捨てた理由は何なのでしょうか。
あるいはbookliveのほうが、買い取ったという事でしょうか??

目指す冊数は10万冊ということです。少なすぎます。

今までBookPlace powered by BookLive!で本を購入してきた人たちはどう思うでしょうか。
bookliveの方が信頼性が高いと思うならそちらで本を購入していたと思いますが、東芝を信奉したからこそBookPlace powered by BookLive!ではないでしょうか。所が東芝はそこから手を引くといいます。専用端末まで用意しながら、bookliveに投げたのです。そのくせ自分は新しいサービスを始めるという。


また次のような文言を見ると、悲しい気持ちになります。
http://bookplace.jp/docs/pc/top.html
Q 誰でも利用できるの?
A 日本国内在住の方は、会員登録後どなたでもご利用が可能です。20歳未満の方は法定代理人の同意を得た上でご利用ください。


何故国外の方は利用できないのでしょうか。
国外にすみ、日本の書籍を必要としている方もいらっしゃるでしょう。日本人でありながら、海外に出張や留学で、日本の書籍が読みたいという方もいるでしょう。電子書籍をクラウドに保存する。ネットという環境は、国境を気にしない性質を持っているにもかかわらず、現物を店に買いに行くという手間が必要ないのにもかかわらず……そう言ったメリットを最大限に利用できないのです。


電子書籍とは、実にはかなく短命なものです。サービスなんていつ終わるかわかりません。
だから紙の本がいい、というわけではなく、単に電子書籍を出している会社は、消費者のことなど何も目に入っていない、それだけの話なのです。

我々は多くの電子書籍サービスは、自分が購入した本を、わざわざ相手の倉庫に預けているようなものです。相手の倉庫が一度も得てしまえばそれまでで、自分が購入した本は全てパーです。

無論、自分の家においている本が火事で燃えたらそれまでですので、そう言った意味では、どちらにしても同じかもしれません。しかし、相手の倉庫にわざわざ預ける、そしてわざわざ引き出す、という手間が必要です。さらに別に災害だけでなく、相手の会社が倒産したり、相手が突然倉庫を開けたくないと言えばそれまでで、もう倉庫は開きません。

そう言ったリスクを背負う信頼に成り立つ商売が、電子書籍なのです。

さらに専用のリーダーが必要だったり、何かと面倒です。
そんなに面倒な手続きをして得られるメリットというのが、場所をとらない、購入に手間暇かからない、この程度です。安くはないです。紙と同じ値段です。

posted by Y1 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。