2013年04月10日

香港での思い出と、帰国日前夜

○中山大学最後の夜
その日は、中山大学珠海キャンパスでの最後の日だった。
1年という留学生活を終え、帰国も間近。

夜、マカオへ行っていた韓国人のルームメート・デヨンが韓国人の友達と帰ってくる。
明日の準備があったため、飲みを断っていたのだが、最終日の夜なのに、一緒に飲まないのはあれだな・・・と思い、ビールとスナック菓子を手に、彼らがいる露店へ。

そこで、合流し、一緒にお酒を飲む。一人は初対面だが、酒がおいしく、まあ盛り上がった。Tシャツに韓国語や日本語等でメッセージを書いて、語り明かした。一緒に飲んでよかった。

その後寮に帰り、明日の準備を終わらせて寝る。
その日、あるいはその前日共に、中国でお世話になった、日本語教師の方や、私が日本語を教えていた学生たちと食事をして、かなり忙しかった。そのうえ、ルームメートとお酒を飲んだので、かなり疲れる。

しかしもう一人のルームメイトのスペイン人は、帰国前の旅行で不在。
この部屋の三人で一緒に飲みたかったなと思うも、無理なものは無理。致し方なし。

時間があまりにも惜しかった。
しかしどうしようもならない。6月28日の便で帰国しなければならなかった。


○そして朝、香港へ
慌ただしく寮を出るも、当月の生活費や光熱費をどうやら納めなければならず管理人とひと悶着。
ともかく、慌ただしく出発。ロシア人のサミエルと合流。バスに乗り、港へ。

サミエルも帰国前に香港旅行で、俺も香港からの帰国だったので、という事で一緒に香港旅行をすることにしていたのだ。港へ行く途中のバスの中で慌ただしく宿を探す。
香港の宿は基本的に高い。安宿も高い!
何とか見つけ出す。

港でチケットを購入し、ケンタッキーに入って、サミエルと船を待った。サミエルはナイスガイだ。
背が高い。髭も生やしており、髪はロングで非常にロックだ。

しかし、19歳という若さ。俺より五歳も若かった。最初会ったときは年上と思ったのに。
サミエルとの付き合いは半年ほどだが、風体に似合わず人懐っこい性格をしていて、仲良くなってしまった。中国将棋を何回か彼としたし、携帯談義もしたし、一緒にシンセンにも行った。

彼はプレゼントと言って、なんとマトリョーシカを俺にくれた!!なんていいやつだ!!!
こっちには何の用意もなかった・・・・忙しくてそれどころではなかったからなぁ。。。でもなんか用意しとけばよかった、と後悔。しかし今更遅い。
2012-06-29_15-16-26_625.jpg
それからロシアのコインもいくつか貰った。


その後船に乗り、ともかく宿へ。
宿は重慶大厦という巨大なマンション、その中にある。
はっきり言って……アレだ。やばいというか、日本では絶対に味わえない雰囲気の場所。

youtubeに動画をアップしたが、IS04での撮影で、めっちゃ醜い。また時間帯も夜なため、店などが軒並みしまっているようだ。(朝だったかも)
動画は、階段を使って降りているところから始まり、1Fの店が詰まっているところを突き抜け、出口付近で終わる。


また、香港でとった動画を、友人サミエルがyoutubeにうぷしていた。


この動画の中には、重慶大厦で泊まった部屋が撮影されている。

香港ではチェックイン後、九龍公園へいき、その後ヴィクトリアピークを目指す。
ヴィクトリアピークで、100万ドルの夜景を見て、感動も一入。

しかし、我々は何で男同士で夜景など見ているのだろう、とサミエルと話した。

ともかく夜景は素敵!写真では伝えられない感動があった。

その日夜ご飯は食べなかった気がする。確かコンビニでなにかを買ったのだ。しかしサミエルは何も食べなかった気が。


○そして、大ぽかに気づく。
くたくたに疲れ、宿に戻り、寝てしまう。
次の日サミエルを港に送って、終了のはずだった。あと一日時間が残されていたので、香港をのんびり満喫しようと思っていたのだが、そこで、忘れ物に気づき大変な騒動となる。その事についてはもう書いたので触れない。その記事は下記。
香港と香港空港での思い出話

慌ただしい香港旅行だったが、そこそこ楽しかった。

留学での思い出話
中国での思い出、北京旅行1
中国での思い出、北京旅行2
中国での思い出、北京旅行3
中国での思い出、北京旅行4
中国での思い出、北京旅行5
香港と香港空港での思い出話






posted by Y1 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。