2013年04月18日

山本英夫『ホムンクルス 7』/見開き用のpdfを作る


読みました。今ホムンクルス読んでます。

8巻まで読みましたが、そこそこ面白く、でもまだ何が面白いのかいまいち分からず、それでも読んでる感じです。

7巻はスキャンしてSC-05Dで読みました。

見開き用のpdf化へ
今回、片面ではなく、端末を横にして見開きで読みましたが、何とか読めました。
最近スキャンする時も、見開きで読めるように、考えてスキャンしています。

1 白紙除去機能を使わない
ほとんどのスキャナーには白紙除去機能がついていますが、それをOFFにしています。
白磁除去機能とは、白紙のページを自動で削除する機能です。本の最初のページとか章の継ぎ目で、白紙になってたりします。不要なので削除しても問題ないです。
小説なら問題はないですが、しかし、漫画だと問題ありです。昔の漫画や4コマ漫画なら問題ないのですが、最近の普通の漫画は見開きで絵が描かれていることもあるので、pdfにして下手に白紙除去をすると、ずれてしまいます。

2 最初の一ページを偶数ページにする
また最初の一ページを偶数ページにする必要もあります。
本は何でもそうですが、一番最初の1ページ目は左側に配置されていますよね?
つまり、それは2ページ目なのです。
まあそれは表紙をスキャンしたり、白紙ページなどを最初のページに挿入すればいいです。

3 pdfリーダーの設定を右側から左側に設定
日本語の漫画や小説は右から左ですが、英語圏のものは(横書きのものは)左から右です。
なので、ほとんどのpdfリーダーは、見開きで読むと左から右になってます。

設定で右から左に変更する必要があります。
設定はアプリケーションによって異なるでしょうし、各自で調べてください。


SC-05D見開きで読みました。5インチサイズなので、さすがに見開きで読むのつらかったですが、
それでも読めました。ホムンクルスは、見開きで絵がかいてある場面が多いので、やはり見開きで読むのがいいですね。しいて言うならやっぱり10インチクラスの端末が欲しいな・・・・

自炊する際はオルファ ロータリーカッターLL型 136Bを使用し、本を裁断。
スキャナーはBROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000を使用。




posted by Y1 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンからADS-2000の分離パッドとローラー届いた



注文してたものが届きました。
さっそく届いて取り付けたんですが・・・スキャンするときちょっと変な音がする

気になる。。。。交換していたおかげで、文庫の小説を易々と読み込みます。詰まったり重送がありません。

5000円くらいなので、これで5万枚は・・・・うーん、まあまあなのかな??実はちょっと消耗品を調べてみたのですが、他のスキャナーに比べると微妙な感じがします。以下ちょっと消耗品比較。
アマゾンを参考にしてますので、価格は変動すると思います。だいたいメーカー希望価格よりもアマゾンのほうが安いです。ちなみに、ブラザーの消耗品は自分が買った時よりも高くなってる。。。

ブラザー ADS-2000
ブラザー工業 分離ローラー PUR-A00012980円
ブラザー工業 分離パッド SP-A00012405円
合計5385円/5万枚

FUJITSU ScanSnap iX500
FUJITSU ローラーセット(iX500用) FI-CX50R7560円/20万枚

Canon imageFORMULA DR-C125
DR-C125用 交換ローラーキット3709円/10万枚

EPSON ES-D350
DR-C125用 交換ローラーキット5163円/10万枚



と、ブラザー、富士通、キャノン、エプソンのスキャナーを比べてみましたが、明らかにブラザーのスキャナー消耗品高いです。逆に一番安いのは、スキャンスナップという事になるでしょう。

例えばブラザーのADS-2000で20万枚スキャンしようと思ったら、消耗品を3回変えなければなりません。
すると、16155円となります。
ところがスキャンスナップiX500は0円です。
imageFORMULA DR-C125だったら3709円ですし、
EPSON ES-D350だったら5163円ですみます。

本体価格は断然ADS-2000の方が安いのです。
例えばiX500と約2万円差があります。
しかし、20万枚スキャンするころには、ADS-2000では消耗品を三回購入する必要があり、ix500では一度も購入する必要がなく、その差が4000円程度になっちゃうわけですね。

40万枚スキャンすると、約5000円、ix500のほうが安くなります。
まあ40万枚というと漫画の本換算で4000冊ですが・・・・さすがにそこまで簡単にはスキャンしないのかな・・・?

大量にスキャンすればするほど、ADS-2000は高い製品っていうことになってしまいます。。。。ちょっとショックです。こういうこと事前に調べてなかったんですよね……安物買いのなんたらです。
posted by Y1 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。