2013年06月28日

つににWindows8の8インチモデルが出たか!欲しい!



Acerから8インチのWindows8が出たようです。
下記URL商品ページ
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NT.L1JSJ.003

スペックとしては、

ディスプレイ:8.1インチ
メモリ:2GB
ストレージ:64GB
CPU:Atom Z2760 1.50 GHz (2コア)
最大解像度:1280 x 800
HDMI:あり
OS:Windows 8(32 ビット)
バッテリー:セル数 2 セル リチウムポリマー (Li-Polymer)(6800 mAh) 連続駆動8時間
本体寸法:高さ11.4 mm 幅134.9 mm 奥行き 219.0 mm
本体重量(概算):500.0 g


とのこと。スペックシートを見る限り、microSDやSDには非対応のようです。
64GBしかないのに拡張性がないのはつらいなぁ・・・とは思います。しかし10インチ以下のクラスWindows8は初なので、実際欲しいです・・・・

しかし解像度・・・・?
スナップなどの操作できないんじゃないでしょうか・・・?(汗)

まあ8.1からだと、この解像度でも問題ないらしいのですが・・・どうなんでしょうか。。。

うーん、スナップが出来ないとなると、結構痛いかもしれませんね。。まあ並べて表示する必要があるアプリなんてないってことか。。。w

価格は6万くらい。。。。初物は後でいいものが出るという事で、、、様子見ですかね?

posted by Y1 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

手塚治虫『ロストワールド』『来るべき世界』



以前、手塚治虫のSF長編三部作の一冊『メトロポリス』を読みましたが、まあまあ面白いなーと思って、古本屋で残りの二作も見つけたので購入。ロストワールドと来るべき世界です。

電子書籍として読みました。見開きページがいくつかあったので、紙のまま読めばよかったな、と思いはしましたが、それでも楽しめました。

いずれも面白かったのですが、特に『来るべき世界』はめちゃくちゃおもしろかったです。話が様々な場所に飛び、群像劇だったともいえるでしょう。
話は一転二転し、スケールの大きな話だったと思います。

『ロストワールド』も面白かったです。
植物人間の話が何となく記憶に残っていたので、昔どこかで読んだことがあるのかもしれません。

手塚治虫の漫画集めようかなと思います。



posted by Y1 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Trans Phoneをめぐる冒険「我々はTrans Phone3を提供します」

1.きっかけ
昨年(2012年)12月ごろ、TransPhone proなるガジェットを発見。
中国においてTransPhoneとして発売していた携帯電話の後続機だ。
これは、ASUSのTF101のパクリオマージュ携帯で、3.5インチの携帯電話部分と、7インチのディスプレイ部分に分離する、極めて珍しいタイプの、高性能スマートフォン、もとい玩具だ。

これのpreオーダーを募集していた。約240ドルで応募して、2013年の3月、4月あたりには商品が届くとのこと。
迷った挙句、面白そうだったので、ぽちっとpreオーダーしてしまった。当時の為替レートで約2万支払う(たぶん1ドル80円くらいだったんじゃないかな)。
デュアルコアで1GBのRAMを備えていた。当時書いた記事が下記
2012年12月24日 Padfoneの小さいバージョンTransPhone pro
http://theset01a.seesaa.net/article/309516967.html


ちなみに、その後、TransPhone proはTransPhone1 proと改名する。私がpreオーダーしたときは、TransPhone proだった。


2.その後連絡なし
そして3月が来て、わくわくし、4月が来てわくわくしたが、結局商品はとどかず、連絡はこなかった。

 どうなってるんだ!
 そもそも、日本に届けてくれるのかしら・・・・?(しかしpreオーダー時、配送先の選択肢に日本があったと記憶している)
 何か問い合わせないと・・・
 中国企業みたいだし、てきとうそう・・・・
 英語でメールするのだるいな・・・

そんなさまざまな感情が織りなす中、新しい職場になり、忙しくなたっため、完全に放置していた。
心の中で、2万という授業料を支払ったと思えばいい・・・二度とこの手のものには参加しない・・・と考えていた。
ところが・・・5月。忘れたころに、そのメールは届く。


3.Trans Phone2がくる! しかし、このスペック・・・・?
5月に入って間もなく、一通のメールが届く。その詳細は下記の記事に書いた。
2013年5月8日 Trans Phone2がくるかもしれないが。しかし
http://theset01a.seesaa.net/article/359813370.html

要約すれば、TransPhone1 pro遅れてごめんね。我々は、お詫びとして、TransPhone2を送ることもできるし、返金することもできるよ。というもの。

そう、TransPhone proからTransPhone1 proに改名した背景には、TransPhone2やTransPhone2 proの登場という背景があった。分離型の、ディスプレイ部も8インチタイプや10インチタイプが存在し、多岐に進化したのである。

そして、TransPhone1 proの代わりにTransPhone2を届けることもできる、というお詫びのメールに、心が躍った。しかし、これは罠だった。
基本的にTransPhone1 pro→TransPhone2というのはスペックアップしている。
しかし、位置づけとしては、
 TransPhone1―(後続機)→TransPhone2
 TransPhone1 pro―(後続機)→TransPhone2 pro
のようである。ややこしいが、TransPhone2はTransPhone1 proの後続機では、どうもないようなのである。
RAMが512MBしかない。
1 proは1GBRAMがあるのに。

その他、バッテリー容量やディスプレイの大きさ、重さ、解像度などはすべて進化しています。(まあ彼らは巨大化を進化ととらえているようだが)
個人的には、3.5インチという小ぶりな1proの方がうれしい。そう思っていたし、なによりもRAMが512MBというのは致命的な欠点ではなかろうか。二年前ならいざ知らず、いまや2GBのRAMさえ搭載する機種が登場し、1GBのRAMは当たり前Androidであるため、512MBはきつい(OSはJerrybeans)

というのがあって、私は「RAMが1GBから512MBになってるのは、進化ではないです、だから1proのほうを所望します」的な趣旨のメールを送る。

しかし、いまさらながら、ホームページ(http://www.exotablet.com/ )を見ると、商品情報の表記はめちゃくちゃだ。
このページには、TransPhone1の紹介ページはないはずなのに、所々で出現する。またスペックもデュアルコアだったり、シングルコアだったり要領を得ない・・・
例えば、下記ページは1proの商品紹介ページだ。
http://www.exotablet.com/home/test-2/testtp1/
しかし、商品名がTransPhone1 proからTransPhone1に変わっている……
またSpecifications(詳細仕様)とOverview(概要)で記述が微妙に違っていたりする。

比較をしてみると、
Overview
名前:TransPhone1/TransPhone1 pro 混合
CPU:dual-core 1GHz CPU
解像度:800 x 480 /960 x 540 混合

Specifications
名前:TransPhone1
CPU:MT7575 Single Core 1GHz
解像度:960 x 540

となっており、名前、CPU、解像度の記述が統一されていない。どっちが本当やねん・・・せめて同じページでは統一しましょうよ、と思う。CPUがシングルコアかデュアルコアかはかなり大きな問題だし、解像度もしかりではないのか。

ま、ともかく、2は糞だと思ったので、私は1pro送ってくれよとお願いしたわけである。

4.こない。
でもまあきません。
2であれば、5月6月末に送ります、的なことを言っていた。
しかし今思い返してみれば、あのメールにpro1という選択肢はなかった気がする。返金か2かどっちだ!みたいな感じだった。
まあ、でも私はpro1が欲しいとメールしたので、だめだったらだめで、返事が欲しいわけで・・・・

まあともかく気長に待っていたわけです。でも商品が届く気配はありません。
と思っていたら、この間、メールが届きました。


5.Trans Phone3!
届いたメールの全文を載せますね。
件名:TransPhone 1 Pro order update
内容:Dear Valued Customer

We are writing to offer you an update on your pre-order for TransPhone 1 Pro.

As you already know, we have been experiencing delays mainly due to lack of interest in the relatively low specification of TransPhone 1. We are now experiencing delays from MediaTek, the chip manufacturer for TransPhone 2 - which we had initially upgraded you to as it is the same smartphone / tablet combination as TransPhone 1 Pro, but with a higher specification. Chips cannot now be delivered to us until October. Meanwhile, we have been working on TransPhone 3 which offers a much higher spec handset including a quad core. TransPhone 3 will be ready for shipment in August and will retail for $400. We offer this to you based on your continually delayed order.

You can either take this option for delivery in August or we can refund your payment. Please let us know which option you would like to take.

Meanwhile, apologies for this continued delay. We are doing all we can to improve our supply source.

Kind regards,

Carl Guest

CEO | TransPhone International
E: ceo@transphoneinternational.com
W: www.transphoneinternational.com

Tablet and Smartphone in one device.


簡単に言えば、1proが低いスペックだったから、2にアップグレードして提供しようとしたけど、2もチップセット関係で供給が間に合わず、10月まで作れません。でも我々は400ドルの3を準備していて、8月には完成だから、もしそれでよければ8月に3おくるよ。クアッドコアだよ!返金ならそれでもいいよ。

といった感じでしょうか?英語が苦手なので、自信ないですが、方向性としてはそんな感じで間違いないと思っています・・・・(違っていたら誰か指摘してください>< オナシャス)

もう私には意味が分からなかった。たしかに、クアッドコアは魅力的だが、1proが供給できず、2もこけた彼らに、クアッドコアの3なんかつくることできるの??
そもそも・・・・・8月???だいたい3の詳細な仕様がわからない。クアッドコアという事しかわからない。
webページには3に関する言及は「7月にTP3(TransPhone3)の発表しますね^^」「クアッドコアだよ^^」くらいしかない。
3ってどんなんだよ・・・・?? それが分からないと決められない・・・

一応、以前3のイメージ画像っぽいものがファイスブック上に挙げられたことがあった。
2013年05月13日 Trans phone3のイメージ画像がフェイスブックに、まんまASUS PadFone1じゃない?
http://theset01a.seesaa.net/article/360944818.html


あたかもASUS PadFone1のようなイメージ画だった。
スペックはクアッドコアでRAM2GB。
ただFacebook上では特に言及はなく、ただの妄想だろう、としか私は思っていなかった。

もしかしてこれ???(ちなみにFacebookに3月に投稿されたものだ)

もうわけわかんない。いい加減返金してもらおうかな。
為替の関係でいえば、支払った額よりも2000円ほど多くもらえそうな気がする。

さてどうするか・・・いちおう3が欲しいです、とメールしてみます。続報があれば・・・まあ8月ごろに?
とりあえず、3の詳細が出るまで待ちますか。。。


posted by Y1 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Android全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

dtab購入2か月

dtab二か月間使った雑感です。
個人的には満足です

画面ですが、使ってると時々iPadのように、スクゥエア型のほうがいいと思う事が多々ありました。
しかし、pdfを縦画面で見るときにはかなり最適なサイズかなと思います。
横画面の時は、見開き表示で見ればいいですし。

先日、漫画をdtabで読んでましたがかなりい感じでした。しかしやはり重いので、座った状態で読むのがいいと思います。

それから、アプリをアンインストールする度に、普通のAndroidとは異なり真っ白の画面にdtabと書かれた謎の画面が表示されます。なにゆえ? だからどうというわけでもないのですが。

文字入力は最初に入っていた標準のものは使っていません。使い慣れたATOKを使っています。
やはり大画面のフリック入力はつらいので、ATOKのタブレットモードで表示領域を狭くしています。

他の10インチクラスを知らないので、画面が大きいと誤タッチが多くなることを痛感しました。
画面が小さすぎても、押しにくかったり、誤タッチが発生しまが、大きすぎるとそれはそれで、変なところを触ってしまいがちという事に気づきました。
ぶっちゃけ3.5〜4インチくらいがいいのでしょうか。

うーん。。。

スペック的には満足です。メモリが2GBあればなぁ、と思う事はあります。しかし値段が値段ですからね^^
あと、目玉であるdvideですが、文字化けします。。。

今度ドコモショップに持て行こうかな。

あと今まで3回くらい落としました。カバーがなければまずかったです。。。。
重い。。。

dtabではツイッターやゲーム、pdfリーダーとして使っています。
ゲームは大画面なのでやってて気持ちいですね。ただアクション系はNGですね。大きいと操作しにくい。





posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | dtab | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

東野圭吾『昔僕が死んだ家』



初東野圭吾作品。
タイトルにひかれて購入。
序盤はめちゃくちゃおもしろかった。
記憶をなくした女とその昔の恋人が、記憶の手がかりを求めて、森の中の別荘へ行く。
その別荘に隠された謎は?
謎の日記。
そして記憶を亡くした女とどうかかわってくるのか。

たった二人の登場人物の会話で進んでいきます。

面白かったのですが、謎が解決されるあたりでどうも引っかかるものが。。。
でも東野圭吾は面白いという事が分かりましたので、これからも読んでいきたいです。とりあえず有名どころを読もうかな。。

pdfにした自炊本で読みました。
自炊する際はオルファ ロータリーカッターLL型 136Bを使用し、本を裁断。
スキャナーはBROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000を使用。

dtabで読みました。読みやすい!



タグ:東野圭吾
posted by Y1 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする