2013年11月23日

格安SIM、ServersMan DTIがパワーアップ

本日、490円の格安SIMサービスを行っている、DTIからメールが来ました。メールの内容をそのまま転載します(※下線部は執筆者)。

日頃から「ServersMan SIM LTE 100」をご愛顧いただき有り難うございます。

この度、皆様にご利用いただいている「ServersMan SIM LTE 100」が、皆様からの声にお応えしてメジャーバージョンアップいたしました。 速度は1.5倍の最大150kbps。通信速度の安定化と最大速度の高速化のために数ヶ月にわたる試行・分析を行い、月額490円のまま、最大速度150kbpsで安定したサービスをご提供できるようになりました。

サービス名称は、最大150kbpsにとらわれず今後もバージョンアップをしていきたいという意気込みを込めて、サービス名称から「100」を取り、 「ServersMan SIM LTE」と変更いたします。

加えて、ご要望が多かった、SIMの無償サイズ交換にも対応する予定です。
2014年1月を目処に、年1回までは無償で交換、2回目以降も525円の手数料でSIMのサイズを変更できるようにいたします。
また、SMSオプションをご利用いただいている方は、別途1,050円の同番移行手数料をお支払いいただければ、SMSの電話番号を維持したままでのサイズ変更も可能になる予定です。
これにあわせて、SMSオプション追加の際の事務手数料も年1回までは無料、2回目以降525円への改定を予定しております。

メジャーバージョンアップしたServersMan SIM LTEで、是非、ワンコインで味わえる繋がる喜びを、お楽しみください。

※ 文中に表示の料金は税率5%(2013年10月現在の消費税率)の税込価格となっています。
※ 記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。


100kbpsの速度から150kbpsの速度になりました。
これって格安SIMの中で最強じゃない? と思ってみたり。

ちなみに速度測定をすると、確かに150kbps前後出てるようです。
DTIのアプリで測定すると、1回目160kbps、2回目121kbps、3回目98kbpsという結果でした。100kbpsを越えていたのでびっくり。
あとは・・・・事務手数料がね。。月額490円のサービスなのに、事務手数料が、その6倍近く取られるのがなんとも。気軽さなんてないです。。。

でも、これは嬉しいパワーアップ。実感はないんですけどね。。。
50kbpsの違いなんて体感できないのかもしれません。実際そうでしょう。。。

それからDTIにはもう一つ特徴が。
速度制限解除の話。
解除には100MBあたり263円払う必要があります。安くはないですね。

ただ、DTIのアプリは、高速で通信するアプリ、低速で通信するアプリを設定できます。
低速=速度制限の通信速でですから、チャージした速度制限解除の容量は減りません。

たとえば、高速通信の不要な、ツイッターやメールなどは、速度制限を設定し、高速通信が必要なyoutubeは高速設定にするなど柔軟な対応ができるわけです。



posted by Y1 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ServersMan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneがSIMフリー!

iPhoneがSIMフリーとして登場しました!

iPhone5 s
http://store.apple.com/jp/buy-iphone/iphone5s

iPhone5 c
http://store.apple.com/jp/buy-iphone/iphone5c


16GBで、sが71800円、cが6800円という価格です。
ドコモからiPhoneが出たことも衝撃でしたが、SIMフリーで出るとは衝撃的ですね。リークはなかったんでしょうか?
あまりにも突然で・・・・

そして日経が仕事していないぞ、とツイッター上では揶揄されているw


グーグルでNEXUSシリーズが、SIMフリーを出していますね。
アップルのSIMフリーは、アップルストアがある分、素人も手を出しやすいですね。
もっとも、SIMフリーのメリットは、一般的な人ならば海外に行くとき、くらいでしょうか。

値段を見れば、毎月割などがない分、やはりSIMフリーの方が高くかんじます。
実質的な価格は同じですがね。

ただプランが自由に選べるというメリットもあります。格安のMVNOを選べば、馬鹿らしいフラットプランから解放されます(むろん、高速通信を使わない人はですが)。

携帯会社、キャリアに縛られないのはいいことです。キャリアのプランも複雑怪奇になっていきますからね。

問題は、SIMカード単体で契約できるかどうか。
イーモバイルはできないとのことでしたが。。。。


タグ:iPhone
posted by Y1 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

kobo gloを1日使ってみて。

kobo gloを1日使ってみた感想。


自炊PDFを読むと。
とりあえず今やったことは、自炊本を読むという事。
pdfをそのままぶちこんでいるので、快適とは言えません。全画面表示にならない。
拡大120%で読むと、読みやすい。しかし拡大したままだとページ移行が出来ずはなはだ不便。拡大したまま、その倍率でページ移行ができればいいのに。

まあ一応読めないこともなく。自炊本ZOOを読み終わりました。(途中からですが)

あとタッチ反応がよくわかりません。タッチ反応しない事が多々ある。ここは、慣れが必要なのかなと思います。

あと、ページの比率が一番最初のページがデフォルトになって辛い。
自炊本で表示などが普通のページとは違い、横に長くなってしまいます。
分かりやすく写真を載せます。

例えば、下記の自炊本「港町食堂」はカバーもpdfにしております。カバーは著者の紹介部分(織り込み部分)までスキャンしているので、あるいは背表紙までスキャンしているので、横に長くなります。
DSC_0025.jpg

そのためこのような表示になります。これ自体は問題ないのですが、このまま本文を読もうとすると、以下のようになります。
DSC_0026.jpg

カバーと同じ比率で、縦が計算され、とても小さく表示されています。
読めたものではないですね。もっともこれは、一度拡大縮小表示をいじくれば、自動で、なおります。
不便ではありますが、致命的というまでではないかなー・・・

普通に読むときは下記みたいな感じ。
DSC_0024.jpg

これでも右側、下側がやけに空いててきになります。まあここらへんは、koboに最適なファイルにすることでクリアできるらしいです。そういったことは、koboを魔改造してからにします。

あとは、楽天の電子書籍ストアで購入した本は、左側touchでページ送りなのに、自炊本は右タッチでページ送りです。。。

バッテリー
公称では、1か月使えるとのことです。1か月とは、毎日30ページ、Wi-Fiオフ設定だったと思います。

さて、昨日と今日でkobo使いましたが、22%バッテリーが減っていました。さすがに公称一か月には届きませんが、2日で22%は結構いいんじゃないでしょうか。
二日間で下記のようなことをしました。

 ○読んだページ数 150くらい
 ○バックライト 読んでいる間は基本的にオン、明るさはその都度調整
 ○よでないときはスリープ
 ○そのほかの機能はほとんど使っていない

かりに、このペースで使うなら、10日は持つことになります。それくらい持てば十分かな、と。


携帯性
6インチですからでかいですが、軽いです。
外でもパッと出して読めます。うん、嬉しいですこれは。




タグ:kobo glo
posted by Y1 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

kobo glo購入 いずれ魔改造

いまさらですが、kobo gloを購入しました。

購入の経緯
以前からkobo miniかわいいと思っていました。
そんなとき、楽天優勝セールでkobo miniが3000円で買えることを知り、心が揺らぎます。ところが、既に売り切れ。うぬぬー

でツイッターでそういう事を呟いたり、kobo mini容量2GBだし自炊には向かんな・・・みたいなこと呟いていました。
そしたら、内蔵メモリはmicroSDなので、換装できるという情報をしり高まりました!

で、いろいろ調べていくうちに、そもそもkobo touch,gloも同様の事が判明しました。それなら外部メモリmicroSDに対応したやつの方がいいだろうと思いました。
まあ新機種がもうすぐ出るのですが、12000円くらい。対してgloは、4000円くらい(楽天のセールで)

で、その方が新品が余ってるので、3000円でゆずりますとのこと。というわけで購入した次第であります。

届いた!
色はブルーです。

20131108_144613.jpg
20131108_144809.jpg

届きました。


20131108_144914.jpg
10インチタブレットdtabと比較。


さて、いろいろいじくっていました。とりあえず楽天で、数冊本を購入していたので、同期させて読んでみました。読んだのはウロボロスという漫画です。基本的には問題なかったですが、細かいところはやはりみにくい。
ただ自炊のpdfを読むのはかなり評判が悪かったです。自炊用に最適な変換が必要とのこと。
またタッチにおいては、4MB以上のPDFファイル読むとフリーズするとか。

さて実際に読んでみました。私の所持している自炊ファイルは、小説で20〜40MBくらい。漫画で100MB前後です。
幾つか転送して読んでみました。

小説「ZOO」
20131108_210241.jpg
漫画「GANTZ 30」
20131108_210609.jpg


表示領域右側に空白ができ、全画面になっていませんorz
でも辛うじて読むことはできます。フリーズとかしなかったです。
まあ、これはおいおい、なとかしましょう。

その他
Einkですが、初めこそ違和感があるものの、しばらくすればなれます。

あと、チェス、スケッチ、ブラウザ、ナンプレなどがありました。
「設定」→「その他」からアクセスするので、やや意味不明ですが・・・

ブラウザが出来るのは知ってましたが、ゲームまでできるとは。まあおまけ程度のものです。
チェスで遊びました。

あとスケッチもしてみましたが、すぐフリーズしました。
ブラウザは・・・・・まあ、おまけです。

魔改造への道
とりあえず、先ず64GBのmicroSDが認識するかどうかですね。まだ届いていないので、試していません。
あと、128GBのSDも注文しました。変換ケーブルを使って認識するかどうか……認識したなら、それで128GBのSDを内蔵メモリのほうに埋め込んで(何とか変換ケーブルと一緒に)、外部ストレージとして64GBのmicroSDを使おうと思います。
 というわけでクリアケースが欲しいです。クリアケースさえあれば、変換ケーブル+SDを入れても問題ないでしょう(裏蓋を装着しない)。
クリアケースを塗装すれば、中はみえないし(なんらかの蓋を用意してもいいかもしれません)。

それらがすべてクリアできたなら128GB+64GBで、194GB。とりあえず手持ちの電子書籍(pdf形式)を全てぶち込めます。

またmicroSDやSDが届いたら、報告いたします。


タグ:kobo glo
posted by Y1 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。