2011年06月20日

新機種いろいろ触ってきました(折りたたみアンドロイドとか)

さまざまな新機種を触ったり見たりしてきました。

AQUOS PHONE 007SHを見ました。

OS:2.3
CPU:1GHz Qualcomm Snapdragon MSM8255
ディスプレイ:3.4インチ FVGA(854×480)
カメラ:1,610万画素CCDカメラ(3D写真撮影も可)
RAM:512
ROM:2GB
サイズ:51.8×113×19.3(最薄部16.8)mm
重量:約140g
その他:ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、緊急地震速報


こちらは実機があったので、実際に触ってみました。第一印象はゴツイ
3.4インチ、ストレートのスマートフォンでは小柄なディスプレイとはいえ普通の携帯にしては、ゴツイ・・
でも見た目は、いわゆるガラパゴスケータイというか折りたたみ式10キーそのもの。
なんだかガラパゴスアンドロイドを見ていると、遠藤周作の小説を彷彿とさせます。

宣教師が日本にキリスト教根付いた、バンザーイっていってみたら、あれ様子がおかしい・・・これは・・キリスト教であってキリスト教ではない。日本が再構築したキリスト教!HT-03Aのころはまだ、ローカライズが激しくなかったが、IS01/SH-10Bあたりからおかしくなって、IS03から決定的。ガラパゴスで再構築されたアンドロイドが結局日本のアンドロイドなのだ。
この007SHも例に漏れず・・・それは言語設定が異なるとか、日本独自のアプリがインストールされているとかそんな次元ではない。


まあそんな話はどうでもいいですね〜〜
で、使い心地はというと・・・・

ガラケー使っている人は、結構わかりやすいかも、でした。
逆にばりばりアンドロイド使っていた人は困惑すぎるwwww
最初の画面で、下キー押すと通知領域がずるずる引き下ろされ、さらに上や右や左は、通話履歴やメールなどが出てきます。
え・・ショートカットアプリ選択できないの???って感じでした。
ちょっと使い方わからなかったです。
ボタンはまあ押しやすいといえば押しやすいかんじ。
あとは・・・ヒンジで回転するので、タッチパネルオンリーという使い方もできます。
できますが、微妙に傾斜ついているので、ボタン部分とディスプレイ部分の裏側がピッタシな感じではないのですよ。少し隙間があるみたいな。斜めっている。
伝わりにくいですね・・・
先端部分だけかっちり合う感じ。ぴったりではなく隙間ができるので、嫌でした。

3.4インチは小さいですね。でもIS05に比べれば、タッチではなくボタンで操作できる部分が多いので、小さくは感じませんでした。
アンドロイドのメニューやホーム、戻るボタンもガラパゴスつかってた人にはわかりやすい位置に配置してありました。わかりやすい。
ただアンドロイドバリバリな人には・・・・って感じでしょうか。


それから006SHも改めてみました。
まあどこものとほとんど変わらないのでゆうことないのですが・・・ツインカメラやっぱり変態だな・・・としか思いませんでしたw


iPad2  iPhone4  AQUOS PHONE 007SH  DELL STREAK  Desire HD






posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SoftBank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。