2011年10月01日

SIMフリーやってみたけど需要ないって、孫社長詭弁だろうwww

nikkeibp
2011年9月29日 ソフトバンク孫社長、SIMフリーは「出したが需要なかった」

ソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫正義氏は、自社で販売する携帯電話機のSIMロック解除について「出してみたが、需要がほとんどなかった」と語り、今後もSIMフリー端末に積極的に取り組む考えがないことを明らかにした。


ということらしい。しかし、SIMフリー端末は 008Zの一機種のみ。


「総務省の大変大きな指導でSIMフリーの議論がたくさんあり、既にSIMフリーの端末も出しているが、SIMフリーの需要はほとんどなく売れなかった。こうした状況はNTTドコモもそうだと思うが、(SIMロックの解除を)申請してきた人は現実問題としてほとんどいなかった」


といっています。さらに、記者との質疑応答で

「SIMフリー端末はこれまで1機種で、かつ人気のある機種ではなかった。国産機などを含めSIMフリー端末を積極的に展開すれば需要が増えるのでは」との質問も出た。孫社長は「NTTドコモもSIMフリー端末を何機種も出しているが、SIMロックを解除して当社やKDDI(au)へ移行した例はほとんど聞いていない。需要は少ないと感じている。需要があればいくらでも作る」と反論した。



とある。これはいくらなんでも詭弁過ぎるだろうwww
先ず最初に、SIMフリーとなったのはアンドロイド一機種のみ。その機種を欲しいと思う人がどれほどいるだろうか、という問題がある。ハイスペックナわけでもない、何か話題になるような真新しいこともない。
それならSIMロック解除してドコモに移るなど、するわけがない。
先ず2年縛りがある。かって即シムロック解除して、ドコモに移れば、莫大な違約金がかかる。

それならドコモではじめからアンドロイド端末を買ったほうがいい。消費者が切実に切望しているのはiPhone4に他ならない。
008Zは悪い端末ではないかもしれないが、同じような端末はAUやドコモにも存在するだろう。iPhone5がAUから出るという話があるが、現状ではソフトバンクでしかiPhoneは使えない(普通は)。


それにドコモの話で、「シムロックを解除してAUやソフトバンクに移った例はほとんどいない」といっているが、先ずドコモからAUに移ることはシムロック云々だけでなく、バンドルが異なるため不可能であろう。
そしてソフトバンクに移る例がないのは、簡単明瞭、移るメリットがないからだ(それに料金プランもまだ整備されてないのではないだろうか)。何を好き好んで、安定したインフラから不安定なインフラへ移らなければならない??
さらにいえば、最近似たようなアンドロイドがたくさん出てきている。
ドコモで購入してシムロック解除して、いきなりソフトバンクに移れば莫大な違約金を払わなければならない。だれがするのそんなこと? それなら最初からソフトバンクの携帯買う。

それにシムロック解除して他の授業者に移る、ということがおこなわれないのは他の理由もある。
日本ではキャリアメールが、コンタクトを取る主要な手段の一つだ。
だからキャリアを移ってキャリアメールが使えなくなるというのは致命的。まずスマートフォン以外の携帯では、事業者を移ることができないだろう(それはつまりメールが使えなくなる、ということを意味するから)
アンドロイドでも同じだ。キャリアメールがあるかないかで、スマートフォン購入の敷居が変わってくる。
たとえばドコモのアンドロイド買って、ソフトバンクに移ったらソフトバンクのキャリアメールは使えるのだろうか? 逆もしかり。008Zを購入して、ドコモに移ってもキャリアメールは使えない(SPモードのアプリをダウンロードできる機種に制限が掛けられているからだ)


だから、008Zが売れない=SIMロック解除に需要がない、というのは詭弁はなはだしい。ってみんなわかりきっていることかもしれないけど……
なんかこういうの腹立たしい。
まあ世の中ってそういうものか。


それからSIMロックのメリットは、日本国内で通信業者を移れる以外にもある。
海外に行く場合だ。
使い慣れた自分の携帯がいい、余計な費用掛けたくない、という人にとって、SIMロック解除はありがたいだろう。てかロックするなよ!って話。意味がわからん。ッて感じだろう。。。。


おれもIS04シムロック解除できてれば、それを中国で使ったんだけどねぇ。




posted by Y1 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SoftBank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。