2013年04月15日

小川未明『金の輪』『ある夜の星たちの話』『月夜とめがね』【kindle】

Galaxy note(sc-05d)のkindleアプリで小川未明『金の輪』『ある夜の星たちの話』『月夜とめがね』を読みました。

前回も書きましたが、小川未明原作の漫画を購入したのがきっかけです。きっかけはもっといろいろあるのですが、それは前回の記事で。


kindleは辞書をダウンロードして、文字の単語をその場で調べられるようになっているので便利。
辞書は国語辞書や英和辞書など、またさまざまな言語に対応しているようだ。

国語辞書は小学館の大辞泉だった。言葉には例文がついていることがあるのだが、例文の出典が略記である。しかし凡例を見ても略記について触れられていないのはどうかと思うが……
たとえば、「〜〜〜〜」<万・一>という風に用例を書いている。この場合は万葉集一番歌から引用したという意味。まあ、略記は代表的なものだけのようなので問題ないのかな……例えば近代小説ならば作者の名前とs買う品名をきちんと示していた。


で、原作と漫画を同時に読んだので、その感想でも。
以下ネタバレ注意。ちなみに童話迷宮は原作と全く違う内容です。あくまでモチーフって言った感じでしょうか?




『金の輪』
 原作は余りにも短く、あっさりと呆気なく終わるため、何の感慨もなかった。
 漫画童話迷宮のほうも、なんだかよく分からない。

『ある夜の星たちの話』
 原作では星達が語らう話。星野下で生きている人々のことを、優しい星や盲目の星、運命の星などが話し合う。
 漫画童話迷宮はちょっと違う。死んでしまった人たちが欲しになって、あるビルの屋上で語らう。
 漫画の方が面白かった。雰囲気もあって、短い話ながらオチも効いている。

『月夜とめがね』
 原作では、目の悪いおばあちゃんに突如として謎の眼鏡売りが現れ、何でも見える眼鏡を売るという話。そして和やかの雰囲気のまま終わる。
 漫画の方は、比較的原作の雰囲気をオマージュしているというか、ちゃんとやっているという感じ。少なくとも童話迷宮『赤い蝋燭と人魚』のように原作とかけ離れた感じはしなかった。
 コンビニアルバイトの主人公に、謎の眼鏡売りが現れ、眼鏡を売る。その眼鏡をかけた主人公は何でも見えるようになり、そしてちょっと不思議な世界が見えるようになり、和やかな雰囲気で終わる。


posted by Y1 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 青空文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。