2013年06月27日

手塚治虫『ロストワールド』『来るべき世界』



以前、手塚治虫のSF長編三部作の一冊『メトロポリス』を読みましたが、まあまあ面白いなーと思って、古本屋で残りの二作も見つけたので購入。ロストワールドと来るべき世界です。

電子書籍として読みました。見開きページがいくつかあったので、紙のまま読めばよかったな、と思いはしましたが、それでも楽しめました。

いずれも面白かったのですが、特に『来るべき世界』はめちゃくちゃおもしろかったです。話が様々な場所に飛び、群像劇だったともいえるでしょう。
話は一転二転し、スケールの大きな話だったと思います。

『ロストワールド』も面白かったです。
植物人間の話が何となく記憶に残っていたので、昔どこかで読んだことがあるのかもしれません。

手塚治虫の漫画集めようかなと思います。



posted by Y1 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367660689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。