2016年03月08日

zenfone2(ZE551ML 4GB/32GBモデル)を10日間触ってみて

asus zentour2016に参加してきました。
そこで、zenfone2を借り受けました。2月28日に行われ、既に10日ほど、触ったことになります。

〇ともかくでかい
感想としてはただただでかい。
タブレットをのぞけば、今まで扱ったことのある端末で一番ディスプレイサイズがでかかったのは、NEXUS5でした。
5.5インチの液晶サイズは伊達ではなく、本当にでかいという印象しかありません。

それまでのモバイル環境は、blackberry classic(メイン)、グラティーナ(通話用)、NEXUS 5(blackberry導入で捨てるはずが捨てるに捨てれず)という布陣でした。

そこへ5.5インチ端末がどかっと入ってきたわけです。

BとAロック画面.jpg
左zenfone2 右Blackberry classic 
Home 右A左N.jpg
左zenfone2 右NEXUS5 

まあハードキーがついており、3,2インチ、かつOSの違うblackberryと比べてもしょうがないでしょうが…。

大きいは正義。見やすいです。

○持ちやすさ
大きくなったので、もちにくいと予想をしていました。ASUS zentour2016の時、スタッフの説明ではラウンドボディなので、持ちやすく通話がしやすい、とのことでした。

さて実際使ってみた感想は……

確かに持ちやすい感じはします。むろん幅が77.2mmあり、NEXUS 5(69.1mm)やblackberryclassic(72.4mm)と比べると、持ちにくいという感じはあります。それでも、思ったより持ちにくくないな、というのが第一印象でした。

ただ片手操作は、NEXUS 5と比べると非常にしにくいですね。
片手モードという物がありますが、あまり使いやすいとは思いません。

片手で使えないという点では、ちょっと不便をしています。

今は裸で使っていますがカバーを付けるとなお持ちにくくなるのかな・・・・


〇輝度
最初にこの端末を持った時、画面の明るさに違和感を感じました。やけに暗いなと思ったのです。
たぶん設定で輝度が下がってるんだろうと思っていたのですが…

家で他の端末と比較したら、輝度の幅が非常に狭いことがわかりました。

ヤフーサイト.jpg
例えば、NEXUS 5とzenfone2。いずれも輝度最大です。明らかに、NEXUS 5が明るく、Zenfone2が暗いですね。
むろんNEXUS 5はこの状態だと明るすぎるので、普段使うのであれば多少輝度を落として使うでしょうし、zenfone2もこの輝度で使いにくいというわけではありません。
なお、同じヤフーのトップページですが、画面の解像度や大きさの違いで、はやり、zenfone2のほうが情報量が多い。この点はメリットですね。


NとA小説読み比べ.jpg
上記は小説。自炊したpdfです。やはりNEXUS 5(右)が明るくzenfone2(左)が暗い。

右N左A 白漫画.jpg
電子書籍 右N左A.jpg
AとN漫画から―.jpg
IMG_20160303_223825_hdr.jpg

電子書籍を同じく比べました。有名な電子書籍漫画『ブラックジャックによろしく』pdfファイルです。(この漫画は全巻無料で著者が商業利用も可能と、配布を行っています)
また一番下はcomicと呼ばれる漫画アプリを開いたところ。

BとAヤフー.jpg
Blackberry classic(右)と比べてもやはりzenfone2(左)は最高輝度が低く、暗く見えます。
当然ながら、blackberryは画面が小さいので、同じヤフーのトップページですが、zenfone2のほうが情報量が圧倒的に多いです。

また最低輝度を見ると、次のようになります。
輝度最低.jpg
右がNEXUS 5、左がzenfone2です。
いずれも輝度を最低にしています。NEXUS 5が暗く、zenfone2が明るいです。

要するに輝度の幅が、zenfone2はほかの端末に比べ、狭いということになります。
先ほども述べたように、日常でさほど困る場面はありません。この輝度で十分使えます。
ただたとえば、日が出ている野外で使うとなれば、より明るいほうが見えやすいに決まっています。実際日の明るい場所で、zenfone2を使うと見えにくかったです。

また夜暗い場所で、スマートフォンを見るときは、明るいよりも、暗い画面のほうが目に優しいはずです。
そういった点で、不便かなとは思います。


○バッテリー
さて、バッテリーは3000mahという、結構大きな容量を積んでいます。
ただ使ってみて、もちがいいかどうかと聞かれたらよくわかりません。

バッテリーの表示にあまり信用がないのです。

100〜80%では、とくに感じませんが、バッテリ容量が低ければ低いほど、その数字が当てにならない気がしてなりません。正確に測定したわけではないので、何とも言えませんが。

denntinoheri2.jpg denntinoheri.jpg
android標準の機能についているバッテリーモニターで計測。
これを見ると明らかに異常に減りがはやいのがわかります。
10日ほど使ってみた印象では、やはりあまり持つという感じはしません。比較対象が、すでにバッテリーがへ立っているNEXUS 5、OSの違うblackberryclassicなので、ガラケーのグラティーナなので、比較難しいですが。
(ガラケーであるグラティーナはいわずもがな、blackberryclassicはバッテリーかなり持ちます)

むろん入れているアプリとの相性もあるでしょう。


急速充電も含め、まだまだ調べたり遊んだりしていない部分があるので、その点も今後調べたり扱えたりできたらな、と思います。

○総評
とりあえず、10日間使った印象だけ書きました。
大きいは正義。
欠点も多くありますが、大きな画面でブラウジングするのは快適です。

フリップ式のカバーを買いましたので、次はそれを装着してみて、またレビューを書きたいと思います。
UIや、カメラ、そのほかの機能についても触れられていませんので、そのあたりで、何か書ければなと思います。


posted by Y1 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | zenfone2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434538928

この記事へのトラックバック