2011年04月13日

【アンドロイドアプリ】On Home Camera【LG P500】

On Home Cameraが面白かったので紹介。リンク先は、Web版アンドロイドマーケットです。
今回キャプチャーした端末はLG P500(Optimus One)です。アンドロイド1.6以上が要件なので、だいたいの端末に対応していると思います。

簡単に言えば、ホームにウイジェットとしてカメラを起き、カメラを常時起動させ、素早く写真を取れるアプリです。

0.png

アプリ起動。
アプリからはカメラを起動しません。説明が書いてあります。
ウイジェットを置きましょう。


1.png

ウイジェット。単にシャッターボタンがあるのではなく、撮れる画像が確認できるので便利。
ウイジェットをタップするとカメラが起動します。もう一度タップするとシャッターを切ります。
常駐するのは電池の消耗やメモリ考えると、ちょっと嫌ですが・・・


2.png

撮った写真は通知領域にでます。
この通知領域に出たものをタップして保存しないと保存したことになりません。


3.png

ここで保存するか消去するか決めます。


試してみてください。実用性の点でまだ問題あるかもしれませんが・・・面白いです。
以下のアプリナビサイトや、記事でも取り上げられていますので参考にしてみてはいかがですか。

アンドロイドナビ
http://andronavi.com/2011/03/77164

週アス+
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/038/38176/



HTC¥ 44,800

LG¥ 41,900

MOTOROLA¥ 47,900

MOTOROLA¥ 49,500


posted by Y1 at 01:25| Comment(1) | TrackBack(0) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

LG P500のマルチタッチは2点だった。 あとディスプレイの大きさ。

DSC_0018.jpg

LG P500(Optimus One)Multi Touch Testerというアプリを使ったところ、2点認識しました。2点タッチということになりますね。

まあ、十分かなと思います。あとはディスプレイサイズ。
というのも日本ではスクリーンプロテクターが手に入りにくいのです。


で、タッチ部分だけでも保護できれば・・・ということです。3.2インチということは、日本の普通にうっている奴が使える可能性があります。

LG P500のタッチする部分のみの大きさは……(横×縦)46mm×68.5mmでした。今度家電量販店で探してみようかと思います。


   
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

LG P500文鎮化→そして復活……→ぶんちん→復活・・?

LG P500(Optimus One)にかすたむROM焼きました。

というのもルートがとりたかったからです。


ソフトウェアのヴァージョンがV10rというものだと、ルートとる手段が確立されていないようでした。
別のヴァージョンだと、アプリなどで可能と言うのを見ました。

ということでソフトウェアのダウングレードの後ルート化、ということか、と思いました。


でもそこで手詰まりでした。それをどうすればいいかわからない・・・・わからないのにやっちゃいました。


KDZ_FW_UPDというツールでKDZ形式を焼きこむというもの。


.KDZなどで検索かけると、中国のROMが引っ掛かりました。
ソフトウェアのヴァージョンがV10kというものをダウンロードして、ツールで書き込みを行いました。


何事もなく順調に・・・・いったかのように見えました。



全て終わり起動してみると・・・起動しない! Androidのロゴの画面で止まります。フリーズした感じじゃなくて、ログのアニメーションがずっと繰り返されます。

再起動もできなかったので電池パックぬきましたが・・・やはり起動にはいたらず。アンドロイドのロゴで止まります。


どうすればよいか皆目見当つかず。文鎮とかいろいろ検索かけました。
他の機種ですが、アンドロイドが文鎮から復活したので、電池を放電してみる、というのがありました。試してみましたが(ほとんど神頼み)、どうにもならず。
それをもう一度試してみましたがやはりだめ。


で、リカバリーモードには移行できることを知り、そこからちゃんとROMを書き込めば復活するのではないか、と思いまた調べます。(電源入れたのち、ホームキー+Volume↑)
しかしよくわからないことが多い。

しかも、実はリカバリーモードに入れないことが判明。
なんどやっても途中で止まる。そして再起動がかかる。

何度も電池パックを外し、リカバーモードに入れないか入れないか・・・・やりましたがダメ。

ああ、だめだ、終わったんだな・・・と思い、凡てをあきらめかけ、端末を置きました。

また再起動がかかります。


ところが・・・ピロリロンと音を発しました。


え、と思っていると復活。


ええええええええええ!?何もしていないのに・・・?


よくわからないが、嬉しかったです。



ところが問題が。ROM焼きちゃんと成功しているみたいですが、焼いたROMが中国のもの。
先ずマーケットがない。
そしてグーグルアカウント要求されなかった。入れるところもない。
ブラウザ起動してもエラー計れる。
しょうがないので、外部からインストールするかと思ったがファイラーがない。どうやってSDカードの情報参照すればいいの?

途方にくれました。


中国のマーケットを開くも承認までたどり着かない。


およそすべてのアプリがエラーなどでした。


ちょっとお手上げ状態。起動しなかったときに比べればましとはいえ…


あ・・・でも公式のソフトウエアアップデートツール使えば、元に戻るかも。


そう考えて、公式のアップデートツール起動。


するとちゃんとアップデートしました。めでたしめでたし。






ところが、アップデート完了後またAndroidのロゴで止まりますorz
どうすればいいのだろう・・・



と思いましたが、何度も起動したりなんやかんやしているうちに起動しました。
そして、ちゃんと前のヴァージョンに戻りました。めでたしめでたし。


IS01
IS03
IS04
IS05
IS06

posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

LG P500の感想

LG P500(Optimus One)を3日ほど使った感想です。

ルートはまだとっていません。


■デザイン
私個人は好きです。バッテリーカバーの質感が殊更好き。

■電池の持ち
LG P500は1500mAhのバッテリーを装備しています(中古で買ったものですが)
本日、13時から25時の12時間つかってバッテリーは100%から40%ほどに減りました。

なのでかなりイイ持ちかな、と思います。
その間、常にWiFiをオンにしていました。頻繁にブラウジングやツイッターなどをしていました。
またブルートゥース経由で音楽も聞きましたし、5分10分程度ですが電話もしました。
カメラも何度か使いました。
アプリをダウンロードしたり、写真をアップロードなどもしました。

このような使い方で、12時間で60%の消費はなかなかのものではないでしょうか?
単純計算であと8時間持ちます。

もちろん、集中的にアプリやブラウジングしたらそういうわけにはいかないでしょう。

1500mAhというバッテリー量はスマートフォンでは珍しくないのですが、LG P500は3.2インチのエントリーモデルです。画面が小さいことが、省エネとなっているのでしょう。

■動作
少しもたつきます。MILESTONEと比べるとなんだかなぁ・・・と言う感じ。

■ブルートゥース経由で音楽
しかし逆にブルートゥースで音楽を聴くのは快適。
MILESTONEやIS01は何故かぶちぶちと途切れました。
is01の場合、なにかアプリを起動したり、重い動作を行うと止まったりしましたのでその点は、スペック的な問題かな、と思ってました。しかしIS01にしろ、MILESTONEにしろ例えばポケットに入れて走ったりすると、とぎれとぎれになります。またMILESTONEの場合、特定の場所を強く握ると音が途切れました。
激しい揺れなどで、音が途切れたり、ポケットに入れた方向によっては音が途切れたり・・・

なので電波の問題かな、と。

なのでブルートゥースとはこういうものだ、と割り切り、できるだけ優しく取り扱ってました。

その時は携帯が悪いのかブルートゥースイヤフォンに問題があるのか(定価5000円のやすもの)、あるいはブルートゥースと言う技術の限界かはわかりませんでした。

しかしLG P500でブルートゥース経由で音楽聞くのはすこぶる快適。全然途切れない。感動的でした。
まあ重い動作のアプリなど開くとちょっと、途切れたりするのですがブチブチなったりはしない。

いままで不便だったのは端末のせいなんですね。たぶんRAMの関係かな・・・?

LG P500満足!


■解像度
不満です、3.2インチではありますが、320×480は…

一番いやなのは、対応していないアプリがあること。例えばfire fox4とか。
この間、マーケットになかったので探してインストールしたのですが、起動はできませんでした。
解像度の問題のようです。

■携帯性
これは抜群です。

113.5 x 59 x 13.3 mmという数値であり、持ちやすい。薄くはありませんが、いいです。

■ボタン
アンドロイドには少なくともメニュー、戻る、ホーム、検索のボタンが必要とされています(検索は省かれることがありますが)
LG P500は物理ボタンでそれらがすべて備わっています。おしやすく、いいと思います。
不満点はキーライトです。暗闇でも操作できるようにでしょうか、物理キーが光ります。
このような工夫はMILESTONEにもなされていました。それで暗闇でも操作できます。
ところがLG P500の場合、これが一定時間で消えます。MILESTONEは液晶の消灯に連動してました。タッチパネルに触れれば光りました。
ところがLG P500の場合、ずれかのボタンを押すか、電源を入れた直後でなければ光らないのです。
何かの操作をしているときに、例えばメニューボタンを押したいだけなのに、あてずっぽうで押して、戻るを押していて、文章が全部消えるとか、そういうのがあるから不便です。
慣れればいいのでしょうが、アンドロイド携帯のこの配置順はばらばらですので、MILESTONEに慣れている自分には、なかなかうまくいきません。

ここは省エネに繋がる部分なのでしょうが、どうにかしてほしかったな。

■ドコモSIMは?
ドコモSIM刺して、電話できました。ネットワークは試していません(お金がかかるので)
てか、今SIM刺しているガラケーが音割れするので、むしろLG P500の方が快適です。
ソフトバンクのSIMは持ってないので試せていません…


こんな感じでしょうか?
個人的には気に入っていますよ。
はやくルートとりたいです。




posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

LG P500のバッテリカバーの開け方。とストラップ

LG P500(Optimus One)のバッテリカバーの開け方を紹介します。
というのもスライド式ではないので、最初開けるときおそるおそるという感じでしたから……


端末の上の方に、ひっかけ部分があります。そこに爪なりなんなりを挟み込み、そのまま手前におしやればいいです。
コツとしては、左手で端末を持ち、右手の人差し指で端末上部のとってにつめを潜り込ませ、親指でカメラ部分を押さえる。そうすると簡単にぱかっと開きます。

DSC_0022.JPG

開いた状態です。


手順をようつべにアップしましたので載せておきます。





さてこの端末、ストラップホールはついておりません。どうにかして付けれないかな・・・と思い試してみました。
カメラ部分に大きな穴があります。そして、蓋を外すときのとっての部分があいているので、そこでストラップを通せないかと思案。
その結果・・・

201104022313000.jpg

201104022312000.jpg

こんな感じです。
蓋がかっちりしているので、なんだか危うい感じ。ちょっと痛めそうだし、何かの拍子に蓋が外れそうです。
なのでやめました。蓋を加工すれば、できなくもない気はしますが……



モバイルフィルム¥ 2,980
Amazonで詳細を見る by AmaGrea
バッファローコクヨサプライ¥ 546 (50% OFF)
Amazonで詳細を見る by AmaGrea
レイ・アウト¥ 1,142
Amazonで詳細を見る by AmaGrea

posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

LG P500(Optimus One)のカメラ

LG P500(Optimus One)のカメラについて、ちょっと書こうかと思います。

カメラの3.0MEGA PIXELSです。
フラッシュライトはついていないので、夜など暗いところでの撮影はできません。インカメラはついていないです。

標準のカメラにさまざまな設定が存在し、カラーフィルターなどもかけれます。セピア色にしたりネガティヴにしたり。
またカメラのモードも様々あり、実に多彩で遊べます。たとえばart shotというものがあり、それを設定すると四隅がぼんやりと暗くなり、自然中央が強調されます。
カメラアプリを必要としない感じです。

タイマーモードもついています。
どうにかして固定する必要がありますが、固定さえできれば、自分撮りも可能というわけです。

ホワイトバランスも設定できます。

今回は標準の状態で、撮ったものを載せます。最大の3MEGAに設定してとっております。接写の場合は、接写に設定して撮りました。

S2.jpg

S5.jpg

と、こんな感じ。普通に取ったものです。個人的にはかなり満足。
IS01よりも、画素数は低いですが、十分だと思います(というかオートフォーカスが利かないからかIS01よりも綺麗)
次に接写したものを挙げます。


IMG009.jpg

S3.jpg

S4.jpg

こんな感じ。
かなり綺麗。いや個人的に満足です。
スマートフォンはIS01、MILESTONE、T-01Aと使ってきましたが、その中で一番いいと思います。
ライトがないのが、だから残念でなりません。



なおこの記事はほぼ同じ内容を下記のURLに書いております。掲載している写真が異なります。
トイカメラ・レトロカメラとか。とか。
http://dthese.blogspot.com/2011/04/lg-p500.html



HTC¥ 44,800

LG¥ 41,900

MOTOROLA¥ 47,900

MOTOROLA¥ 49,500

posted by Y1 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LG p500(optimus one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。