2012年11月14日

googlechromeを開くと勝手に二つタブが開く

最近というか、かなり前から、googlechromeを立ち上げると勝手にタブを二つ開きます。
前はひとつだったのに。なんで。余計に開かれるタブはgoogle検索画面です。

この間いったんパソコン初期化したんですけどね。それでブラウザをまた新しく入れたのですが・・・なぜ・・・


<追記>
設定の中にありました。
ブラウザを立ち上げた時の挙動を設定できるようで・・・
その中で、設定したページ、または複数のページを開くという項目があります
その設定を見ると、検索画面を2つ開くようになってました
いつ設定したんだろう・・・




posted by Y1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

デジカメ見てきました

今日、ヨドバシカメラに出向き、デジカメ見てきました。
もともとは、ポイントがクレジットカードと普通のポイントカードと分かれていたのでそれを合算する目的で行きました。

いろいろ、デジカメとかみましたし、デジ一眼とかもみました。でもまあ詳しくないのでよくわかりません。
前までは画素数という単語しか知りませんでしたが・・・画素数も詳しくはしりませんでした。
高ければいいけど、それだけではだめなのですよね・・・・?他にどういった情報を見ればいいのでしょうか。。

単に画素数がたかいだけでは、だめなのですよね。


ヨドバシカメラのカメラのスペックシートを見ると

撮像素子のうち撮影時に使っている画素の数を表しています。有効画素数が多いほどより高精細な画像が記録でき、デジタルズームなどを使用する際もズーム時の画質を保つことができます。


と書いてあり、高ければ高いほど良い感じですよね。。

焦点距離というのももなんとなく理解しました。
焦点距離の数値が小さいほどワイドに写すことができます。28mm以下くらいの焦点距離では、近くの被写体と遠くの被写体の遠近感が強調され奥行き感のある撮影ができます。

此れもヨドバシの?から引用。

逆に大きな数値の方は、、、
焦点距離の数値が大きいほど望遠効果が得られます。遠くの被写体を写す時や、風景の一部をクローズアップして撮るときなどに長い焦点距離があると便利です。


ということらしいです。

それから光学ズームとデジタルズームってどう違うんだろう。。。

デジタルズームは以下の様な説明がありましたが、、、
撮像素子の一部分を切り抜くように使用して、撮影倍率を上げるズーム方式です。レンズを使用した光学式ズームと比較すると、ズームした分写真全体の画素が減少する為、より高画質で撮影するには光学式ズーム倍率の高い機種がおすすめです。


うーん、今度じっくり勉強してみよう。。


そういえば、2012年9月27日にCOOLPIX S800cが発売されました。触りたかったですが置いてなかったです。。。どうも明日からっぽい。。


触ってみたい。パンフなどはありました。



posted by Y1 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

中国に忘れた荷物をようやく受け取る

前ちょろっといったかもしれませんが、中国に荷物を忘れ(HDD,パソコンのACアダプタ、携帯2台うち1台は日本で電話として使う予定だったIS04、アイポッドタッチなどなど)結構困っていました。

語るも涙、かなり苦難の末に、ようやく無事荷物を受け取ったので、その経緯でもかこうと思います。
まあ俺がアホだっただけなんですけどね。


6月26日
香港にて、ロシアの友人にサヨナラをする。
ホテルに戻った後、荷物の確認。実を言うと前日から、どうも忘れ物をしているような気がしてならなかった。
確認をし、忘れていることを確信。
とりあえず寮にまだいる友人に電話。案の定忘れている。
とりあえずそっから、輸送お願いできる?みたいに頼んだら、「携帯無理じゃないの??」みたいに言われる。ちなみに相手は韓国人で、「それは中国だから無理ってこと?」「いや韓国でも無理」みたいなやり取りもあった。あとで調べてみたらどうもバッテリーがまずいらしい。
まじかよーって思って、どうしよう、でも俺以前、LG P500を海外で買って送ってもらったよな、と思い至る。

なんやかんやいろいろなやいとりがあり、フランスの友人が香港経由で帰国するので届けてくれるとのこと。
別に帰国日でもなかったらしいのだが、今日帰国しても問題ないからいいよ、みたいな感じで、届けてくれることに。神様だ……

で夜に香港つくから空港で待ってて言われた。しかし実はお金がほぼつきかけていた結構ピンチだったりする。一番安いバスルートで空港を目指す。
オクトパスとう香港で使う電子マネーも解約して、デポジットの一部を返してもらうという、惨めなことをするくらいお金なかった(便利だから解約しない方がいい、バス乗るときとかも使えるので)

まあ空港ついて、中国銀行で確認したら日本語教師のお金が振り込まれてて、唖然としましたが(朝は振り込まれてなかった)

とりあえず、お金は大丈夫。さて空港で待ってるものの、相手はこっちに電話ができないらしい。こっちからは可能。しかしシムカードに残ってる料金もそんなになかったので、お金が亡くならないか心配だった。
何度か電話した後、SIMカードのお金がなくなり、連絡がとれなくなる。
公衆電話から電話をかけるも、香港→中国で国際電話となりかなり高いおかねとられる。そもそもコインしか使えなくて、そんなにコイン持ってるわけでもなく、両替もできないし・・・・で、公衆電話ではちょっと無理。実際は何度か公衆電話で電話かけるものの、会話途中でお金が切れた。

香港空港には無料のwifiが飛んでたので、相手にテキストメッセージで「facebookで連絡取れない?」と伝える。
でなんとかfacebookで連絡をとるも、相手は空港の中から出れずに(中国珠海の港から香港の港、そのまま空港とつながってる)、俺も空港の中、つまり離陸する人たちの待合室には入れない。つまり会えない。荷物の受け渡しができない。

結局「フランスに着いたら直ぐに送るよ」ってことで、その場はバイバイってことに。別に直接バイバイしたわけではないけど。


6月27日
俺帰国


6月28日
向こうから今週まじ忙しいから来週送るという連絡が。


しかしその後何の連絡もない。


7月9日
しびれを切らした俺が、確認のメッセージを送る。もう送った?


7月11日
忘れたわけではないよ。ただもうすぐドイツに行くんだ。
で、フランスよりドイツからのほうが安いけどどうすればいい?
フランスは30ユーロくらいだけど、ドイツは多分その半分だよ。
あと住所もう一回教えて。

そんなメッセージが届く。
女神すぎる、と思った。とりあえず、「うーん、いつドイツ行くの? その携帯日本で使うからもしドイツ行くのが遅いなら、フランスから送って」
と返事を返した。
そして来週の月曜日(16日)に送れるとのこと。
ならドイツからお願い、と俺は返事をした。


ところが16日になっても、連絡が来ない。口座は既に聞いていたのだけれど、送料がわからないからお金も振込みようがないし。


そして

7月20日
この日に、料金の明細が送られてくる。
といっても発送したわけではなく、こういう方法があってこっちならいくらで〜みたいな感じ。
補償なしの簡易版で15ユーロ、保証あり、トラッキング可能で42ユーロ
保証ありをお願いした。

そしてその日は金曜日で、お金の振込みに行けず、土日は無理だろうなと思っていたので、月曜日か火曜日にお金を振り込む旨を伝える。


7月24日
郵便局に行き国際送金しようと思ったのだが、どうやら口座の支店名がわからないと無理といわれた。
そしてヨーロッパではIBANというコードが、送金の際使われるようなのだが、郵便局の方はそれを言っても分かってもらえなかった(あとで調べたらそのコードから支店名も調べられた)

で、国際送金の申込書だけもらうも、どうも住所等が必要っぽい。てことで訊ねる。
相手に「何で住所が必要なの?」と尋ねられたので、おそらく向こうではいらないんだろうな・・・

7月25日
この日送金手続きに成功。一週間後くらいに振り込まれるとのこと。
そのむねを友人に伝える。

ちなみにこの時、相手の住所は必要ないと言われたが、後に、電話でやっぱり必要でした、ときた。

そして友人からは「おk,入金確認したら送るね☆」と言われる。
おいおい今直ぐ送ってくれないのかよ・・・と思ったがよくよく考えれば、俺は送金した伝票の控えとか写メ送ってなかった。まあ、確かに逆の立場だったらそうするのかな。


8月3日
荷物送ったよ!HDL使ってトラッキングできるよ!

というメッセージが付く。
おおやっとか。
しかも、50000ユーロまで保証される保険に6ユーロ出して入ってくれたみたい。わざわざ。
こっちは42ユーロしか払ってないのに(正確には43? 郵便局のレートとかの関係でよくわからん)、女神だ・・・女神は48ユーロ払っていらっしゃった。

で、ところがHDLからトラッキングしても、情報ないよー!って言われる。最初向こうが番号間違えたのかな、と思った。でも伝票が写メで来て、その伝票の番号はあってる。
うーん、まあ今日出したって言ってるし、まだ情報がないだけかな?って気楽に考える。


ところが・・・数日たっても相変わらず、「そんなじょうほうないっすよ」とDHLに言われる。
何故・・・・そこでぐぐってみたら、日本のDHLのサイトでトラッキングしてもダメらしい。
発送先のドイツからでないとだめなそうな。ってことでトラッキングしたらあった!!
ドイツ語でよく分からなかったが、60%完了って出てた!


8月10日
そして到着。
長かった実に長かった。
友人にはお礼のメッセージを送ったが、感謝してもしきれない。

ものがものだけに・・・
HDDとかあるし、携帯もあるし、先輩から借りたiPodtouchもあるしと・・・



まあ私の荷物はフランス人の手によって中国→香港→フランス→ドイツ→日本と長い長い旅をして、ようやく私の手元に帰ってきたのだった。
フランス人だけではなく、無論、寮にまだいた韓国人にも感謝だし(色々考えてくれたし)、いろいろどうするか一緒に考えてくれたスペイン人にも感謝。香港でサヨナラしたロシア人も「大学戻ったら俺が、お前の寮に行ってもいいぜ」といってくれたし。いい人達だらけで、もう、ドゲザセップクハラキリだね。

しかしリチウムイオン電池で輸送できない云々ってなんだったんだろう?ネットで調べてみたらたしかにそういうのあるし、韓国人も携帯は輸送できないって言ってたし、実際はこうやってできてしまったんだけどね。何か違いがあるのだろうか、運が良かっただけか・・・・わからんがとりあえずよかった





posted by Y1 at 00:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

大学の新図書館開設 改悪!

帰国後何よりも大学で大きな変化があったのが図書館です。
新図書館ができました。オサレ仕様になり、システムも一新。
書庫も広くなり配架できる本の冊数も増えました。
院生用の研究室もできましたし、勉強机もたくさんあります!
パソコンもたくさん導入され、しかも閉架の本は、従来人が取りに行っていたシステムが、機械が持ってくるシステムに変更!!!!!!!!!


とこう書けばいいこと尽くめなのですが、、、そういうわけでもないのです。
閉架書庫に入れないという、凶悪な改悪点があるのですから。
自動で本を持ってきてくれるといえば聞こえはいいですが、本を自分でとりにいけないというのはなんとももどかしいものです。ちょっと内容を確認したいときでも、大仰な。
加えていうなれば一度に5冊までしか排出できないそうな。

しかも検索用のパソコンは数多くあるのですが、図書館内のパソコン部屋以外のパソコンは全部図書館のwebpageにしか飛べません。意味のわからない使用です。
たとえば雑誌検索ソフトを使って、雑誌を検索できない。ちょっと意味がわかりません。
そもそも閉架書庫から本を出すためには出庫手続きをしなければならないのですが、その出庫手続きができるパソコンはカウンターの前に2台しかないって言う・・・・
頭おかしいんじゃないか、と思いました。

つまり、出庫手続きできるパソコンでは、雑誌の検索などできないのですが、雑誌検索できるパソコンでは出庫手続きができないのです・・・・
本当に不便です・・・・利用者のことなんて微塵も考えてないダメダメなシステムといっても過言ではないでしょう。そのうち改善されることを願います。迅速に改善されますように。



posted by Y1 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

不愉快な教育評論家

これが教育の成れ果てか

事の発端はこれ。
http://togetter.com/li/289285
togettreまとめブログに書かれてある。

@Schiele_1214 自称教育評論家のtwitterアカウント。

dthese / Y1
私はアイドルとか芸能人が〜〜したっていう週刊誌とか嫌い。それは俺がアイドルに興味ないからなのかな。正直芸能人とかアイドルとか有名人って、失礼な話かもしれないが俺にとっては同情の対象にしかならない。窮屈そう、っていうことで。気軽にtwitterもできないのか。。。 at 04/17 12:54
dthese / Y1
反吐が出る。寝起きから気分が悪い。 at 04/17 12:52
dthese / Y1
教育評論家(笑)だなぁ。 at 04/17 12:52
dthese / Y1
なんか見てて気持ち悪い・・・・ at 04/17 12:52


上記、http://togetter.com/li/289285を見ればどういうことか簡単にわかると思うが、今日は早々こういったtwetteを見て不愉快な気持ちになる。
http://blog.esuteru.com/archives/6116963.htmlにも簡単にやり取りがまとめられている。魚拓あり。


dthese / Y1
つーか、中国での宣伝の話がんばってください、って言ってる時点で、逆恨みなんですけどねwww http://t.co/QvZdiCuA at 04/17 13:15
dthese / Y1
しかしもただ蒼井そらが中国のマスコミに断られたという一件を持って、性についてマスコミの性質云々を語るのはいかがなものか。それが単なる例外的な例なのか、それともそれが中国のマスコミの性質なのか、ということを説明する(証明する)義務があるよね。しなければ本当にタダの逆恨み。実際逆恨み at 04/17 13:14
dthese / Y1
@juangotoh の方が指摘しているけど公式アカウントは承認システムしかないわけだし。。。。こんな人(@Schiele_1214)に評論されるとか、実際不快だよね。だって教育評論家なんでしょう・・・・ at 04/17 13:11
dthese / Y1
わざわざ、そんな無理なこじつけをしても、説得力を落とすだけ。そんなあなたはさっさと万葉集の時代にでも戻っていただけたら嬉し。もちろん論点は昔が良かった云々ではなくて。公式にメンション飛ばしただけで、公式に報告したとか頭おかしい・・・・ at 04/17 13:09
dthese / Y1
@Schiele_1214 この人ね・・・ブログに「とにかく、今の芸能界の「性モラル」の低さには眉をひそめるものである。 過去にも「風俗産業」があったことは確かであり、それに対する需要もあった。 しかし、それは「日陰の存在」であったはずである。」とか書いてるけど典型的な懐古厨 at 04/17 13:07


そして、なんだかよくわからない自論を展開する・・・・。。以下の様な発言も。

即座にtwitterは、元AV女優である蒼井そら女史の公式アカウントを削除していただきたい。尚、彼女がtwitterでファンと交流することはやぶさかではない。しかし、元AV女優がネット上で出てくることを不快に思う人間が多くいることを付け加える。


なんてことを言い出す。一度でもAV女優をやった人間は、表に出れないってこと……?て思うけど。
多くいる、って本当?あなた一人じゃない……??

↓もよくまとまっている。
http://togetter.com/li/289295


dthese / Y1
しかし「教師」は安易に(多忙化など理由をつけて)「指導法」にばかり目を向けてしまう。それ故、この学習法。このプリント。このスキル。と「指導法」「教材」ばかりを追い求める。 http://t.co/8n3N1tYH 多忙化で怠けたい教師は指導法なんて改善しませんが・・・ at 04/17 13:18
dthese / Y1
てか指導法教材を追い求める教師は立派な教師だと思います。指導法教材を追い求めることは大切。。。 at 04/17 13:18
dthese / Y1
よく「教科書」を「教科書」どおり教える、という。一見すれば「正しいこと」かもしれない。しかし「教科書」で「何を」「どのように」指導するのか?という指導法研究の前に、この教科書に書かれている「真理」は何かと突き詰める教師は意外と少ない。 http://t.co/8n3N1tYH at 04/17 13:19
dthese / Y1
この人指導要領とか、教師用の教科書読んだことあるのかな・・・・・・?? at 04/17 13:20
dthese / Y1
「元AV女優の公式アカウントを削除せよ!」とtwitterに"申し入れ"た自称教育評論家とそれに対しての反応 http://t.co/GFCuKAZl at 04/17 13:20
dthese / Y1
実際、教師単体が教材簡単に決めることはできないんだけどね。。。 at 04/17 13:24
dthese / Y1
まだ飽きたらず意味不明なことをつぶやいてる・・・・・・??驚き・・・ at 04/17 16:23
dthese / Y1
何だちゃんと教員をしていたことがあるんだ。それも驚き。 at 04/17 16:23
dthese / Y1
議論のすり替えばっか・・・・・ at 04/17 16:23
dthese / Y1
感情的にもなるわな。。。こんな人に評論される教育って。。。。て思うけれど。 at 04/17 16:25
dthese / Y1
しかも福岡の教員かよ・・・地元・・・・ at 04/17 16:38



ともかくよくわからない。。。

彼自身が自分のブログで今回の騒動について、いくつかブログに自分の考えをまとめている。
http://blog.livedoor.jp/makio_takemoto1214-livedoor.com/archives/5719029.html

昨日、元AV女優である「蒼井そら」女史のtwitter上での「公式」アカウント削除を求める嘆願を行ったことろ、様々なリアクションがあった。レスポンスの内容は賛否両論というところか。しかし、考えてみて欲しいのは、私は「個人的に蒼井そら女史」自身を責めている訳ではない、ということである。蒼井そら女史がtwitterという媒体を通してファンと交流すること自体はよろしいのではないかと思う。成人の男女が、18再未満視聴できないAVを観て楽しむことは個人の自由である。
 しかし「公式アカウント」に掲載してまで彼女に媚びる必要がtwitter側にあるのだろうか?公式アカウント削除を私が求めているのは、教育評論家として、彼女のように元AV女優がそれをステップにして公に登場し、青少年(18歳以下の少年(=男女))に対してパフォーマンスを披露することを、私が健全と思っていないからである。


ブログの書き出しは以上のようになっている。
しかし、特に最後の下線部のところが解らない。それはつまり、一度でもAV女優であった人間は、もう二度とtwitter彼の言うところのパフォーマンスをしてはいけないということになるからだ。
彼の主張はあくまで公式アカウントの削除であるが、ここを見る限り、そうはいっていない。実際公式か公式ではないかにどれだけの差があるのだろうか。他の方が指摘したとおり、証認システムの意味合があるのだ。

逆に言えばAV女優(元AV女優)は実名で(芸名で)活動してはならないってこと???

蒼井そら女史がtwitterという媒体を通してファンと交流すること自体はよろしいのではないかと思う。成人の男女が、18再未満視聴できないAVを観て楽しむことは個人の自由である。


この部分なんか、逆に言えば、AV女優である、あるいは元AV女優である人はインターネット上で未成年とコミュニケーションを取れないということになる?私は蒼井そらにさしたる興味が無いので、twitter上でかつてのAV作品やAV事情に関して同氏のいうパフォーマンスをしているかどうか知らないのだけれども。してるの?しているのだったら、確かに「青少年」がそれを見るのは好ましくないかもしれないけれども……。

直後、次のようにブログを綴っている。
それもtwitterという、全世界的に用いられているツールで、それが許されて良いのだろうか?という問題提起を投げかけたにすぎない。元AV女優はメジャーになってはいけないのか?いいや、一向にかまわない。かえってAV業界という世界から「足を洗う」という意味では本人にとって良いことかもしれない。


にも関わらず、

実際、事実海外メディアでは、彼女の出ているCMの放映を差し止めるという事態にもなっているわけで、その国の政府は、その国の一般市民に、元AV女優のCMを流すことに異議を唱えたということであろう。
 私は、その国の政治体制や思想信条の自由や、表現の自由、人権を侵害する行為が見られるという点で、その国の政権を良しと必ずしも思っていない。
 しかし、逆に日本のマスコミの「行き過ぎたアイドルの制作過程」に対して批判するものである。
 日本人として「恥ずかしさ」すら覚えている。


と批判。アレ?メジャーになるのは一向に構わないんじゃないの・・・といったばっかりで、手のひらを返すように「日本のマスコミの「行き過ぎたアイドルの制作過程」に対して批判」と言っている。
 元AV女優がメジャーになるのは一向にかまわない
 (この点のみにおいては)中国の判断は正しい
と言う、よくわかわからないことを言っている。

とにかく、今の芸能界の「性モラル」の低さには眉をひそめるものである。
 過去にも「風俗産業」があったことは確かであり、それに対する需要もあった。
 しかし、それは「日陰の存在」であったはずである。

 いつの頃からなのか?1980〜1990年代であったろうか。
 テレビのバラエティの考え方が変わったのは?所謂、ひな壇芸人の登場辺りからなのではないか?


勝手な決め付けでは……??典型的な、懐古房。俺の時代は良かった、今は駄目だ。
私はその時代生まれてなかったり記憶がないので、是非説明して欲しいですね。本当にそうなのかどうか。仮にも評論家というならば。
まあ、所詮ブログに過ぎないだろうから、(評論ではないし)そこまでする必要性はない、ということなんでしょうが。事実そうでしょうしね。

まあ彼は評論家になって日も浅いでしょうし、評論らしい評論がなくても、それはなんの問題もないでしょうが。




ラベル:twitter 教育
posted by Y1 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

これ面白いですね、折り曲げる事のできるディスプレイ

Cent japan
2012年4月3日  LG、折り曲げ可能なプラスチック製電子ペーパーディスプレイを量産開始

ディスプレイのサイズは対角6インチ、解像度は1024x768ピクセル。同社によると、画面の中央部で40度まで折り曲げることができ、現在のガラス製EPDに比べて約1/3薄く、重さは半分となっているため、現在市販されている電子書籍リーダーよりもさらに持ち運びやすい製品を製造できるようになるという。


おもしろいですね。
薄くてより軽い電子ペパーが開発すれば、より電子書籍が浸透するでしょう。
なんだかんだ言って思いですよね。電子書籍リーダー。

電子書籍だけではなく、スマートフォンやタブレット用に曲げれる液晶なども実用化できればモバイル市場がまた面白いことになりますね・・・・!これは非常に楽しみ。

ただ、バッテリーが問題???バッテリーも曲げれる素材にしないと意味ない??でも前そういうの開発史ているとか話があったような。もう実用化したのかな??





ラベル:LG ディスプレイ
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。