2012年04月01日

GoogleMap ファミコン版!?8bit ストリートビューアーまで!!?

map.jpg

なんとファミコン版のgoogleマップが作られているようです。(ファミコンソフト!)

http://maps.google.co.jp/maps?t=8&utm_campaign=8bit&utm_source=jpblog

上から、体験版が使えます。
また携帯端末用にゲームボーイ版もつくられているとか。


おもしろいですね。ちゃんとグーグルアカウントでログインしたら、お気に入りなど登録したところも表示されます!!

掲載した写真は、今私がいる珠海付近です〜〜


さらに、ストリートビューアーまで写真を加工しています・・・・!
凄い手の込みようですね・・・・

新しいビットマップ イメージ.jpg


早く携帯端末版(GB版)もみたいですね。






posted by Y1 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

Facebookのウィルスにやられました

昨日、Facebookでウィルスにやられました。

チャットで友人から、写真ファイルのようなものが送られてきました。それには他にメッセージがありません。

私はなんの疑問も抱かずにダウンロードしてしまいました。
ダウンロードするとそれはJPGではなかったです。

私はそれをそのまま実行してしまいました。セキュリティソフトは、期限切れで、私はそれを放置していたので、愚かしい。 


こんな馬鹿なことをしてしまったので、感染T_T


でもその時点では何が起きたか気づかず、送ってきた人に、私の環境では見れない、みたいなことを聞きました。そしたらdon't open!って(日本人じゃないです)

そして気づいた時には、私も同じように、チャットでメッセージをその時オンラインになっていた友人に送っていました。ファイルをおくりつけていたのです。慌てて、チャットで、ウィルスなので開けないで、というメッセージを流しました。人数少なかったので、良かったですが。

その後ウィルススキャンをかけますが見つからず。

バックアップから2日ほど前に復元して、事なきを得ました(たぶん・・・)。


Facebook経由でウィルスが広がってるので、みなさんもご注意ください。

最もこれは私のウィルスに対するリテラシーの低さから起こったことでもありますが。。。。


その後Facebook ウィルスで少し調べましたが、チャット経由の手口は見つかりませんでした。。。皆さんご注意あれ。。









posted by Y1 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

「源氏物語 千年の謎」を見ました

特に前情報もなしに見に行きました。
源氏物語を多寡だか、二時間ちょっとのフィルムに収めるのは無理があるだろう、と思っていたので。まあそのとおりです。
それに源氏物語というよりも、源氏物語の二次創作なので、源氏物語好きな人が見ると、滑稽な物語に思えるかもしれません。

ただ逆に、物語の背景を待ったくしらない人が見るとわけがわからない話にもおもえます。
源氏物語がハイスピードで展開されつつ、現実の世界で、道長の話や紫式部の話が進むからです。

ただでさえ、登場人物が多いのに・・・現実世界と物語世界行ったりきたりで、今がどっちなのか混乱するでしょう。また、源氏物語を知らない人は、藤壺の宮のくだりも、ちょっと良くわからないところが多いのではないでしょうか? まあ後々、説明がいろいろ出てきますが、最初は本当に、ちょっと出てくる程度なので。。



この作品は原作があるようで、小説とコミックがあります。どちらが原作かは知りません・・・


映画を見た後小説を買おうと思ったのですが、まあその場はやめて帰りました。あとで、アマゾン覗いたら評価の低いこと低いこと。買わなくて良かったです。





上小説版。2巻です。2巻で完結かどうかは不明。おそらく完結かな??




こちらは漫画版。こちらも2巻です。こちらはレビューを読む限り2巻で完結みたいですね。
そう考えると小説版も2巻で完結かな??
漫画は小説と違ってなかなか評価が高いです。絵に助けられているのでしょうか。
漫画なら少し読んでみたいと思います。







以下、ネタばれを含みます。

個人的に一番ありえなかったのが、安部清明。六条御息所が幽霊となり、葵上を殺そうとするシーンで、安部清明が物語の中に入り込み、それを阻止します。

この時点で個人的には失笑ものだったのですが・・・


その後、子供が無事生まれた葵上を再び六条御息所が襲います。
その時もまた、安部清明が邪魔をするのですが、六条御息所が「お前に私の苦しみがわかるか」の一言で、清明あっさり手を引きます。葵上をくびり殺す。
なんであそこで清明が助けるのをやめたか不明なまま、物語は進みます(まあそれで葵上が助かったら、源氏物語ではなくなるんですがね)。


清明の立ち位置がよくわかりません。

それから、伊周も意味不明。道長の隣にずっといてひたすら本を読んでいるだけの、道化役かなぁ。

物語の話は葵上までは行きません。藤壺が出家した場面で終わりだったかな。頭の中将もほとんど出てこない。
あと、自分の源氏はあさきゆめみしで結構固定されてしまっているので、頭の中将がちょっと、もう少し美形な人が良かったかな。

それから葵上は多部未華子だったけど、個人的にはしっくり来なかったかな〜〜
葵上って冷徹でプライド高くて美人で、でも心のどこかではさびしいくて甘えたくて、でもプライドが邪魔してって感じがあるから。なんだか違うんだよなーって思ってみてました。

繰り返しになりますが、一番は清明でしょう。失笑もの。
清明がなす技すべてが、ほんとうに滑稽というか陳腐というか・・・・話の筋とか、そういうのだけではなくって、CGね。CGが滑稽すぎる・・・・


結局人物だしまくって、あまり感情移入もできないまま物語が早々と進み、終わっていく感じです。物語の主要人物であるはずの、道長も、なんだかよくわからないし、ぼんやりともやがかかった感じがします。紫式部にしても千年の謎とご大層なタイトルですが、微妙というか。。

物語の中は言うもがな。
夕顔とか、みやすんどころに瞬殺されるし・・・・


こういった物語と現実世界が織り成す話では、個人的にはアラビヤの夜の種族が好きです。面白いですよ。あれが映画化しないかな・・・


純然たるファンタジーと現実世界が織り成す話。最初現実世界の話の要素が薄く、物語の中にのめりこみますが、徐々に現実世界の話も緊迫していき・・・・・といった感じで。



またあの千一夜物語も髣髴とさせる構想になっております。
posted by Y1 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

福岡ジュンク堂地下の豚二郎

昨日は先輩方と一緒にのみに行きました。
3人でのみに行きましたが、その場所が豚二郎というところ。

http://r.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40027456/

イタリアンな店です。全品290円に統一されています(例外も少しあるけどほんと少し)

ジョッキビールが290円なのに驚きましたし、グラスワインも290円!!

味もなかなかおいしい・・・

写真撮ってないのが残念ですが〜〜。。特にチーズリゾットが最高でした。
めちゃくちゃおいしいの。よくわからないけど、ねっとりと味が口に残って、でもそれがぜんぜんいやな感じじゃなくて。3種類あったけど、全種類食べたかったな。。。名前は覚えてません><

二種類食べましたが、どっちも最高でしたー
ひとつは明太で、もうひとつは・・・名前覚えてないwイタリア語だもの

でもとにかくうまい。目の前でリゾット作ってくれるし!!!


最後にデザートを食べて、本当に大満足でした!!


また行きたい場所です。皆さんも機会があれば是非!


posted by Y1 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

米国人はインターネットの詐欺に会いやすい・支離滅裂な記事




話の内容はこうだ。調査の結果、米国人はインターネットの詐欺に遭いやすい。


ただ詐欺に遭いやすいのかそれとも詐欺の被害に遭いやすいのか、いまいち要領を得ない。はっきり言って支離滅裂だ。
極めつけは以下の文章。


同様の調査は英国とオーストラリアでも行われている。タブレットPCは3か国共通で最も強力な「おとり」だった。米国との比較では、オーストラリアのインターネット利用者の方がインターネット詐欺にだまされにくかった。英国のユーザーは米国のユーザーよりも慎重だったが、実際には米国よりも詐欺に遭いやすかった。



これが本当なら、タイトルは英国人はインターネットの被害に遭いやすい、になるはずだ。あるいは何か記事があってそれを訳したのか・・・・??だとしたら訳でミスをしたのか??

いったい誰が書いたのだろう。

特に参考URLが記載されているわけでもないし、(リンクが貼られているワードは全部、このニュース内の検索結果が表示されるだけだった)。。



posted by Y1 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

誤解を招く表現ばかり。 日本経済新聞?

日本のニュースを見るために、いろいろニュース検索してたんだけど、ある記事を見て?となった。


それが
7型画面のガラパゴス Wi-Fiの高速通信に活路 シャープ「ガラパゴス A01SH」
というもの。日本経済新聞のビジネスリーダー> 新製品 > 新製品ウオッチャー >というところにある。

内容はガラパゴスA01SHを紹介しているものだが、最後の記述がおかしい。以下引用である。


高速通信を使った動画コンテンツの利用が一つの解決策だが、大手の通信事業者は通信網への負荷が拡大するため、タブレット端末を3G回線では利用してほしくないのが本音。Wi-Fiが逃げ場所であり、そこでイー・モバイルとシャープという組み合わせが実現したと思われる。


ええええ??ってなった
そりゃ通信業者は3G回線を圧迫して欲しくはないけど・・・

この書き方だと、誤解を招きかねない。
この記事では、最初にポケットワイファイとの抱き合わせ販売に触れられている。

結局ポケットワイファイを使った場合、その回線は通信業者の通信網を使うということだ。
Wi-Fiは逃げ場であるが、ポケットワイファイは通信業者の通信網を引っ張ってきているため、逃げ場として機能はしない(新しい通信規格で3Gを回避する、ならわかるのだが)。

大手通信業者にイーモバイルが含まれて居ないということか??

まあWiFiに逃がすのは、既に整備されたホットスポット(公衆無線ラン)などであって、ポケットワイファイなどのような、通信端末のモバイルルーターを使うことではない。

この記事書いた人WiFiを勘違いしてるんじゃないかな・・・と思った。少なくともイーモバイルの抱合せ販売は決してWiFiに逃す、ということにはならないだろう。。。


それでこの製品ウォッチャーズというコーナーをいくつか見たが、そういった表現が随所に見られた。

iPhoneだけじゃない 秋のスマホ10機種比較  2011/11/12 7:00

同社が国内で初めて米マイクロソフトのスマホ用OSを採用した「ウィンドウズフォンIS12T」を取り上げた。


たとえば上記。おいおい、WindowsMobileは無かったことにされているのか????
マイクロソフトのスマートフォン用OSを採用した端末は、初めてではない。ずっと以前に、いくつもの端末が出ている。ただIS12T自体の記事を見ると、ちゃんとした記述があったので、知らないわけではないだろう。こういう表現は誤解を招く。

さらにブラックベリー ボールド9780に対して以下のような酷評を下す。

依然として液晶画面が約2.4型と小さく、タッチパネルにも未対応のまま。


おいおいストレート端末でキーボード付だぞ。これに4インチとか大画面を採用しろってことか??


初心者向けスマホ 日本市場攻略には完成度向上を 韓国パンテック「ミラクIS11PT」(通信会社はKDDI)
 2011/11/7 7:00

 ただ、日本メーカーの製品と比較すると、対象機もベンチマーク機も各操作のつながりやアプリケーションソフトのデータ利用などで簡単さ、分かりやすさへの取り組みに、まだ未熟なところが散見されるのが残念。


IS11PTの説明では、よくわからない表現をつかう。
アプリケーションソフトのデータ利用って何だ・・・・???各操作のつながり、というのも抽象的でわかりにくい。逆に、日本製品は各々の操作が全てつながりを持っていて簡単ということ???(何か具体例があればわかるのだが……)
アプリケーションのデータ利用・・・・・・・・???ダメだ思いつかない。アプリケーションがどういった挙動をしているか測定するってこと。初心者向け端末とコンセプトを打ち出している、と紹介しておきながら??

それとも電話帳とかのデータってこと・・・・??



今ひとつ疑問なんだけど、このデータ利用が電話帳とか写真とかだとして、国内端末って使いやすいの?
IS04やIS01はおせじにも使いやすいとはいえないけど、今のは使いやすいのかな・・・


とまあ、愚痴でした。探せばもっと出てきそう。
まあ所詮こんなもんだよね、って感じですね。。



posted by Y1 at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。