2010年07月14日

KINの失敗



私自身はKINを使ったことがないので、なんともいえません。

しかし、若者をターゲットにしているのに、エンターテーメント性に欠けている→iPhoneやアンドロイドに見劣りする

とそこらへんも魅力がない原因なのではないでしょうか? だって従来のウィンドウズのアプリケーションをインストールできないんでしょう???

いろいろな記事を読むと若者向けなのに高価だったという記事を見かけます。
そうであるならば、なるほど、それも原因でしょう。


しかし、今上記にあげた記事を読むと、ああ、根本的にダメだったのか、と理解できます。
社員が素晴らしいと思っていないものが、果たしてヒットするのでしょうか?
売れるのでしょうか?


マイクロソフトはスマートフォン分野で、もう終わった気がします。
iPhone、iPad擁するAppleは完成度の高さでマイクロソフトは、なかなか難しいところがあるでしょう。
そしてアンドロイドを要するグーグルには、その速さで、勝てないです。

WP7いつになったら市場に投入されるのでしょうか?

androidは2.2が実際に出回り始めた時には、既に3.0の噂が流れていました。その方向性もしっかりと見えています。


WindowsPhone7は???
ハブという概念は素晴らしいと思うんですけど、出るころにはアンドロイドもOS2.2が普及し、3.0を出してそうです。
iPhone4はどうなってるでしょうか。不具合などを改善し、より完成度を高めているでしょうか。

WindowsPhone7にかつてのあるいは、現在のWindowsMobaileファンがどれほど興味を持つか・・・・
でもたぶんマイクロソフトはそんなこと考えてないですよね。
iPhoneのような大衆向けを目指しているのですよね。

二頭を追うもの一頭を得ず・・・そんな状況になりそうな気がします。
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

1万5千円のネットブック・・・!??

stbk2.jpg

『AKIBA PC Hotline!』
2010年6月19日 1万5千円のネットブック風PDA発売、WinCE


『ASCIIjp』
2010年06月17日 7インチ液晶搭載の小型ノートPCが1万4970円で販売中


7インチの液晶パネル(800×480ドット表示)
300MHzのARM9プロセッサ
Windows Embedded CE 6.0

主なスペックや搭載機能は、ARM9 300MHz、メモリ256MB、ストレージ領域2GB(フラッシュメモリ)、Ethernet、無線LAN(IEEE 802.11g/b)、USB 2.0(3ポート)、サウンド(ヘッドホン/マイク端子、スレテオスピーカー装備)、SDメモリーカードリーダー(最大8GB)。

 電源は内蔵のリチウムポリマーバッテリ(容量1,800mAh)で、連続動作時間は3時間。


全部記事からの引用です。こうしてみるとかなり非力ですね。
加えてWindowsXPというわけではなく、WindowsCE6.0です・・・
でも1万五千円という金額は魅力かも。ポメラ買うよりもこっちかったがいいんじゃないでしょうか??

物を書く身とすれば、文章入力だけ、どうなのかと思いますがね。なんかでも無駄に欲しくなるなぁ・・・
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

Windows Phone 「KIN」

Windows Phone 「KIN」なるものが発売するらしい。
kin06.jpg

kin05.jpg


『ケータイ Watch』 2010年4月13日
マイクロソフト、ソーシャル機能搭載のWindows Phone「KIN」


『ITメディア』2010年4月13日
Microsoftのソーシャル携帯「KIN」、ターゲットは若者


気になるのは、ケータイ Watchの記事にある

「Windows Phone 7やWindows Mobile 6.5.3と全く同じではなく、いわば“Windows Phone for KIN”と言うべきソフトウェア」と説明。たとえばWindows Mobile 6.5などで利用できるソフトウェア配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」については、KINでは利用できないという。

という部分。それではソフトウェアはどこが供給するんだろうか・・・・
互換性がないと言うことなのだろうかなぁ・・・・
まあ日本では発売されないでしょうな・・・・写真を見る限り、かなり小柄な携帯みたいですね。両方qwerty搭載みたいで打ちやすさは別として、このコンパクトさはいいですね!

ソーシャルネットワークサービスと連携が強いみたいで、それらが日本以上に盛んなアメリカではウケル要素ではあるんでしょうね(日本で言えば例えばミクシィとか)

よりコンパクトな方がKIN ONE、ややでかい方がKIN TWOだそうです。写真で言えば下がone 上がtwo

oneみたいな携帯を持ってないので、oneを使ってみたい気もしますが・・・ただ、ださく見えるのは私だけでしょうか??
デザイン的にはtwoの方がいい気がします・・・汗
posted by Y1 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

マーケットプレイスの払い戻し請求方法

以前【WMマーケットプレイス】購入したアプリの払い戻し方法という記事を書きました。WMのサイトにマーケットプレイスの払い戻し方法が、明確に載っておらず、それらの情報をまとめたさいとも見つけられなかったためです。
とかおもっていたら、ちゃんと公式HPに載ってますね。↓

Windows phone 使い倒す 100 通りの方法 ― モバイル応用編
ステップ7:払い戻しを請求する


いつ更新されたかわかりませんが、このページの一番下にあり、かつ最終更新日が3月12日になっているのでその日に更新されたのかな??

やはり払い戻し方法はわかりにくいので、多くの質問が来たと推察します。そのためこのようなページができたのでしょう。

アプリから返金できるようになれば便利なのになぁ・・・これめんどう。
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

【ソフトバンク】HTC制WMの紹介動画



ごく大雑把というか簡素な紹介動画です。
これを見てると欲しくなるなぁ・・・・・・
10key+スライドqwertyとか使ってみたい(X03HT)・・・重いのか?

安定したアンドロイドのマイルストーンや、WMではサクサク動くT-01Aを使っている以上・・・・これらを使うのはけっこう苦痛なのかもしれませんが・・・・特にX04HTはいいです。ドコモの方ですがHT-02Aを使ったので・・・・あの狭い画面のタッチパネルオンリーは辛いし、もっさりだし・・・・
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

タッチパネル対応WMの入力キーボード

前日の記事でタッチパネル対応WMの入力と言うものを書き、ジェスチャー10、Virtual keybordというものを紹介しました・・・

前回の記事で写真を載せてなかったので、今回写真付きで紹介したいと思います。
まずジェスチャー10、フリック式入力です。
20100309000714.jpg

フリック式入力とは、タッチ&スライドの1動作で一文字打つ入力方式です。
写真が小さくてみにくいかもしれませんが・・・4×4の16パネル存在し、文字入力は真ん中の「あ」「か」「さ」「た」「は」「ま」「や」「ら」「わ」「小文字」「記号」とそれぞれパネルがあります。
たとえば、「あ」のパネルをタッチすると「あ」が打てます。
「か」では「か」が打てます。これは普通の携帯の入力方式と変わりませんね。では、「い」を打つのにはどうすればいいのか・・・・・?

「あ」のパネルをタッチし、離さずそのまま上にスライドさせます。
これで「い」がうてます。「き」ならば「か」のパネルにタッチし、そのまま上にスライドさせます。
つまり1文字入力するのに、1タッチ1スライド内で完結させているわけです。
慣れが必要ですが、通常のジェスチャー10を改造したスキンがいろいろ登場しています。写真もそのうちのひとつで、それぞれどの方向にスライドさせれば何の文字が打ち込めるのか、小さく書いてあるのでわかりやすいです。またタップホールドすれば、その周囲だけ白くなり、上下左右に文字の候補が出てくるので、ひと目でスライドさせる方向がわかります。
このように、日本語入力に最適な入力方式がフリック式入力というわけです。

20100309000810.jpg
こちらは横画面。横画面では、予測ワードのウインドゥによって、打ち込んでいる文字が消えてしまうのでおすすめはしません・・・・

ちなみに英語や数字もこのフリックで入力できます。数字は便利かもしれませんが、英語の入力はqwertyキーのほうが早いです。



というわけで、Virtual keybord
20100309000724.jpg
良く使う記号や、矢印など基本的なところはおさえています。
キーボードのような質感をだす色のスキンです。
T-01A用のqwertyキーは大きく使い易いのですが、記号や数字に切り替えるのが面倒と言う欠点を抱えています。
またWM標準のローマ字入力はパネルが小さくて、指では使い物になりません。スライタス必須です。
なので、これがいいのだ!


20100309000730.jpg

FNパネルを一度タッチするとこのように記号に切り替わります。便利!
6段構成なので、画面の半分ほどを占領しますが、それでも使い易いです!

20100309000750.jpg
横画面にしたとき自動で、大きさが調整され、パネル表示も横画面用になります(この横画面と縦画面の切り替えにやや不具合があるみたいですが)


かなり便利!全部前の記事にリンクがはってあるので、飛んでください〜〜
タッチWMの入力がかなり、便利に快適になります!
posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WM・WP全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。