2012年12月23日

「タダスマ」ってどうなったの?

https://tadasma.com/

以前、今年の4月頃、話題になった「タダスマ」だが、今はどうなったのだろう。
実は7月くらいにも気になって調べてみたが、全然何もわかんなかった。契約者を見つけられなかったのでレポートも何もあったもんじゃない、というわけである。当時自分は中国にいたのでヒトバシラーになれるはずもなく、また帰国した今でもWimaxを契約したしヒトバシラーになるつもりもない。

タダスマってなに?
タダスマというのは学生向けデータ端末用のSIM+端末サービスである。
端末に広告が表示されることを条件に、月額2980円という維持費の安いデータSIMかつ、スマートフォンも0円、事務手数料も0円という、そういったサービスで「タダスマ」という、キャッチコピーとともに打ち出されたサービスだ。
「タダコピ」で有名な株式会社オーシャナイズが打ち出したサービス。
4月12日に発表されたサービスで、実際に始まったのはそれよりもっと後だったと思う。

タダスマ発表当時
「タダスマ」が発表された当時、2つの大きな流れがあった。<「タダコピ」と同じく学生に対して、安価なサービスを提供し、学生をサポートするもの>という好意的な評価。もう一つは、<かなり怪しくない? 色々大丈夫か?>という懐疑的な声だ。

好意的の取れる記事は例えば
http://gigazine.net/news/20120412-tadasma/
http://buzzap.jp/news/20120412-tadasma/

どちらの記事も、事務手数料・基本料・端末無料、という部分をタイトルに持ってきている。特に下の記事は好意的といえる(基本料無料というのが?である、基本料ってなんだろう。。。データー端末ようのプランってどこの会社も基本料って概念少ないような・・・)。

逆に懐疑的なのは下のNaverのまとめだ。
http://matome.naver.jp/odai/2133422096451609401

また自分もかつて懐疑的な内容というか否定的な内容の記事を書いた。
http://theset01a.seesaa.net/article/264554556.html

どこが問題?
以前記事を書いたので、改めて詳しく書かないし、Naverのまとめもわかりやすいだろうから、気になる人はそちらを参照。
大雑把に書くと、

・詳しい説明がないので怪しい(解約方法、Emobileとの関係など)
・3年間2980円って安くない
・契約者が増えると通信料が減るってねずみ講と同じじゃない・・・?
・端末が時代遅れスペック

こんな感じでしょうか?

「タダスマ」は今・・・
さて、サービス開始から約8ヶ月たつわけだが結局あのサービスはどうなったのか?
実のところ、全くわからない。いくら調べても購入レポートらしきものがないのだ。普通なら、広告が入っている端末というものがどううものか、どこかのメディア記事を書いているところがやってそうなんだけれども、8ヶ月たった今、そういう情報がまったくHITしないというのも変な話である。

それだけ利用者が少ないというのが実態だろう、と推察される。
3年縛りがネックなのか、学生限定がネックなのかは分からないが・・・クレジットカード限定とう制約もあるが、通信関係でこの制約は昨今珍しいことではない、ということを考えると、やはり3年縛りが辛いのかな、と思う。あとあの契約ページやたら重くない???

というわけで、結局「タダスマ」ははやっていない、ということになる。

ところで、契約者数が増えれば増えるほど安くなるという話だが、例えば2万5千契約で2980円から2900円になる。3年契約だと、80×36=2880円お得な計算だ。
さて、公式の申込みページには右側にやたらうざったい追随型の何かがある。広告ではない。それはあと何契約で通信料が安くなりますよ、というアナウンスだ。そのアナウンスによれば、25000契約で2980→2900とある。つまり2万5千契約というのは、最初からアナウンスされていた、安くなる第一段階目の契約数だ。
翻って言えば、4月から1契約もないまま(むろん1契約程度は、いちいち反映させないということかもしれないが)8ヶ月を経た、ということになる。

webページを検索しても、何の情報もHITしないことから、その公算が高い気がする(無論購入者がかならずネットに報告するわけではないので、1契約くらいはあるだろうが)


「0(タダ)スマ」の契約者数は「ほぼ0」という悲しい結末・・・



タグ:タダスマ
posted by Y1 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

タダスマ、買ってはいけない

タダスマ
https://tadasma.com/

タダでスマートフォンが使えるからタダスマというらしいです。
タダスマとは、月額2980円でスマートフォンが使える。しかし端末料は無料、事務手数料も無料。
イーモバイルのMVNOです。イーモバイルの回線を使います。

契約条件は学生であること。

タダで契約できる、タダで端末が使える!さらに利用者が増えることによって通信費が安くなる!
ということで、注目が集まっています。

しかし私は最初これを見た時、全く魅力を感じませんでした。
・3年縛りである(2980円×36=107496円)
・端末ロック解除したら広告が表示される(5秒間程度)
・端末が一種類、ポケットワイファイS2しかない


ということでです。
さらに多くの方が疑問をいだいたようで、Naverまとめによくそれがまとまっています。わかりやすく。

Naverまとめ
学生向けタダスマは本当に新しい感動を提供してくれるか?

簡単にまとめますと
個人情報が疑問・・広告に利用される(広告会社に売られる)、利用規約などもおかしい
・学生が対象なのに、クレジットカードが必須、利用規約に個人情とは「会社名・会社役員」なども指すと書かれている
・契約者が多くなれば安くなるってねずみ講と発想が一緒
イーモバイルとの関係があやふや(端末の修理はどうなる?)
・そもそもスマートフォンではない(通話機能はついてない、あくまでデータ端末)
強制的に他のサービスに加入させっれる可能性がある
・そもそも端末のスペックが低い
広告が5秒も表示されるって耐えられない
・解約方法が不明


こんな感じでしょうか。

<私見をいくつか>
この後、いろいろ調べてみました。

@スマフォというよりもデータ端末
これは、このタダスマに限らないのですが、「3年間定額でテザリングも使い放題!」と、あおり文句。謳っています。しかし、これは詐欺的表現と私は考えています。
なぜなら使い放題ではないからです。5GBまでという制限があります(それ以降速度制限が課されます)
さて、タダスマと銘打たれているこの端末ですが、致命的なのが広告表示だと思います。
ロック解除するたびに広告に待たされる。これほどの苦痛はありません。つまり気軽に使えないということです。メインにはできません。
そうすると(もともとポケットワイファイという名前を持っているだけに)データ端末として使うのが一番いいでしょう。しかし・・・・・前述のとおり、データで使おうと思うと、5GBという制限が出てきます。

もちろんライトな使い方では、なかなか5GBなんて行かないと思いますが。
ただし、一部の通信が制限される。
詳しくは
http://emobile.jp/charge/info/planb_access.html

A3年縛り
3年縛りが何を意味するかわかるでしょうか?
2年縛りでさえ不安なのです……
↓の記事では就活に!とプッシュしています
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/083/83668/
しかし就活に使って就職した会社の先で使えなかったらどうしますか?
イーモバイルは人口カバリー率は一見高く見えますが、面積で考えたらそんなにありません。
以下wikipadia 人口カバー率からの引用
当該市区役所・町村役場付近で利用可能であれば、当該市区町村においてカバーされている(サービスが利用可能である)とみなす

つまり何らかの事情で、今いる場所を離れた時、あなたは使えもしない端末に毎月3000円も払わないといけないのです。
例えば海外出張、海外留学なんてなったらどうしますか? 実際私は2年縛りのイーモバイルを契約して、途中で解約しました。海外留学のためにです。2年先の未来なんて見えません。留学するつもりなんて最初はなかったからです。
その2年より長い3年です。あなたは3年後、使えもしない携帯端末に毎月3000円払ってるかもしれません(あるいは違約金をはらってるか)
しかも恐ろしいことに、3年縛りが終了した後も、解約には違約料金がかかる(10000万円)!
3年目の当月のみ違約金がかからない。つまり、一度解約のタイミングを逃したら、6年使い続けるか、違約金を払う必要があるのだ。

6年堪えられる?

しかも解約方法が前述のとおり一切不明。非常に面倒な方法を取る場合も考えられる。
たとえばイーモバイルは解約するのに結構な時間がかかる。店舗で行えば直ぐだろうが、イーモバイルは店舗がすくない。
ましてやタダスマ用の店舗などないだろう。

Bイーモバイルとの関係は?
これは先程のNaverまとめでいろいろ書かれています。とても不安ですねこの部分。
たとえばまとめに書かれていること以外でも、ローミングについては極めて不鮮明です。
例えば、規約の前置きに書かれている、申し込みに関する重要説明事項には以下のように書かれている。
タダスマオンラインストアでのお申し込みに関する重要説明事項【電話サービス】
本サービスは、イー・モバイルのサービス提供エリアでのみ利用可能です。 本サービス は、株式会社オーシャナイズが運営するサービスであり、 イー・モバイルカスタマーセンターやイー・モ バイルショップでは、お客様へのサポートは対応致しかねます。

※データ端末なのに電話サービスってなんだろう、というツッコミは置いといて。あるいは電話によるカスタマーサービスのこと?しかし電話番号が表示されないままプライバシーポリシーに移るという奇怪さ

下線部が問題。下線部は私が引きました。
さて、上記下線部によると、あくまでもイーモバイルは回線を提供しているのであって、サポートはイーモバイルでおこなっていないということだ。
しかし、国際ローミングについて次のような記述がある。
記述は申し込みページの機種のご案内というところだ。

国際ローミングについては、EMOBILEのサイトをご覧ください。


とのこと。サポートはあくまでタダスマがするならば(そしてイーモバイルには問い合わせるな)、ということならばこういう記述の仕方はどうかなと。それってつまり国際ローミングについてわからなければイーモバイルに問い合わせろってことだろ、て言ってるのと同じではない?(通信規制や製品のスペックについても、イーモバイルへリンクを張ってるのはどうかな、と。とくに通信規制についてそのままイーモバイルに電話で聞いちゃったりするんじゃないかな、と。逆に言えば、国際ローミングや通信規制、製品スペックについて質問したら株式会社オーシャナイズがちゃんと答えてくれるということ?)
しかし、何故EMOBILEのところに下線が引かれている??この下線部は私が引いたのではなくて、もともと引かれていた。

Cそもそも月額2980円は安いのか?
なぜならキャンペーンで限定とはいえ、同じような料金でWimaxがサービスをしていることもあります。こちらはデータ端末でスマートフォンではないですが。
ではスマートフォンなら?と考えた時、月額割の盛り込まれたAUやドコモのスマフォと比べると、どうでしょうか?こちらは2年縛りで、通話もできます。
1GBという制限ながら、縛り無しの月額3000円程度のサービスもあります。
もちろん2980円は安いと思います。しかし、しかし、他の様々な要因とくに3年縛りはかなりきついと思います。


以上が私の意見。買う必要なし。てか買わないほうがいい……
3年という拘束期間(しかも、解約月が1ヶ月しか無い)、広告がロック解除のたびに表示されるという糞仕様、イーモバイルとの不明な関係やサポート体制の不明

もし利用するなら人柱の報告を待ってからのほうがいいだろう。




huawei¥ 16,200
Amazonで詳細を見る by AmaGrea
andxroid.com
Amazonで詳細を見る by AmaGrea
東芝¥ 24,800 (17% OFF)
Amazonで詳細を見る by AmaGrea
camangi¥ 44,000
Amazonで詳細を見る by AmaGrea

posted by Y1 at 04:16| Comment(2) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

A01SH触ってきました

今日、正確には昨日ですかね、A01SH(アンドロイド3.2、シャープ製、7インチタブレット)を触ってきました。
発売日は30日のはずですが、実機はもうおいてありました。

持った感想はやはり軽いと言うこと。
ギャラクシータブとほぼかわらない重さのはずですが、感覚としては軽い感じ。気のせいかもしれませんが。


7インチはいいですね。軽いし、手ごろですし。ッて感じです。


動作もさくさくでした(そんなにいろいろ試したわけではないので、あれですが)


アンドロイド3xは持っていないので、そんなに使ったことないのですが、店頭で触るたびに思うことが。
ボタンをなくすのはいいかもしれませんが、なんていうか、あれ押しにくいんですよね。戻る、メニュー、ホームボタン。小さいし。もう少し大きくならないかなぁ・・・と。




posted by Y1 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

イーモバイル解約手続き

IMG264.jpg


イー・モバイルの解約手続きを行いました。

私はなんとなくイーモバイルを信用してなく、評判も悪いと思っていました(そういう話を聞きました)

なので、おっかなびっくり電話をしました。


まあまずショップが近場にない・・・福岡県内に一店舗しかないし。。
なので、致し方なく電話で解約。

電話→書面を送付→返送(SIMカードをつけて)

という流れであることを確認。このタイムロスがメンドウだな、と思ってましたから、本当は店頭で解約したかった。
なぜこの時期まで引き延ばしたかというと、結構近場に形態総合ショップ(au,softbank,Emobaile,Wilcomがある)みたいなのがあって、その中にイーモバイルショップみたいなのがあったから、そこで解約すればいいや、と思ってたのだ。
ところがいざいってみると、解約はできないと言われた。

がびーん、そうなのか・・・家電量販店と同じ扱いか(わからんAUとかは違うかも)・・・・


ともかくそれで、電話でぎりぎりに解約することに。
9月2日から中国へ1年間行くからだ。


さて、電話。契約書を探し出し、書面を読む。いろいろ技術サポートセンターなどの電話番号は載ってた。で、解約はカスタマーセンターへと記述があった。ところがその電話番号は載っていない><

調べてみると0120-736-157だった。

で、解約を申し出る。

自分の場合、ポケットワイファイト一緒に音声電話がついていた。欲しくもなかったが、これも一緒に契約しないとこのプランでは契約できない、そしてこのプランでしか契約できない的なことを言われたので、仕方なし契約した。0円で維持費も0円だったし。
まあ事務手数料が取られたが(最初は分からず、EMの事務手数料って6000円もするんかぁ、高いなぁ、とおもっていたら二台分だった・・・)


で、心配なのが、この音声端末も二年縛り中なのか、ということだった。


ビンゴだった。
音声端末も二年縛り。今解約すると解除料金が発生する。

ポケットワイファイ 9000円ほど
音声端末 7000円ほど

まあ覚悟していた価格である。
しかしまあ、音声端末め。憎たらしい。無知なあのころの自分を殴りたいぜ。

あれ、でも音声端末って維持費0円だから、別に契約しててもよくなくない?

それで二年たって解約すれば・・・と、思ったがそれは無理っぽい。
ポケットワイファイとセットで購入したから、月額1000円引かれているそうな。だからポケットワイファイ解約したらあぼーん。で月額千円かかる。
それなら解約したほうがいい。


さて最初に説明したように、解約の場合、書面か店頭だ。店頭が厳しいから書面にしたのだが、書面でのやり取りでは、9月2日まで間に合わないかもしれない・・・

解約理由を聞かれ、日本を離れると答えると、書面のやり取りでは間に合わないかもしれないから、もうこの時点で解約を受け付けてもいい、ということになった。
おお、やった、ラッキー!!


さらに最初本日付で解約と言う話だったが、9月の2日に行かれるのであれば、その日に解約でも可能とのこと。
ただ、自分のプランは9月にはいると日割りできない料金(5000円)がかかるので、それなら8月31日に解約で、と言ったら、それも可能だと言った。
そうなると、契約期間が9月分まで食い込むということになるから、違約金が少し減るとのこと。

ラッキー。

SIMカードは本来、書類に添付するが、もうこちらで処分してくださいとのこと。



てことで、意外にもすんなり解約できたし、書面もいりませんでした。
思ったよりよかったです。
向こうからいろいろ提案もしてくれたし(まあ何とか引きとめようとした感じもありましたが、1年いないというとあっさり引き下がったし)、こちらの望む形で解約できたので個人的には満足です。



まあ中国から帰ってきてEMを再び契約するかは・・・・ちょっとわかりませんが。





posted by Y1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

A01SHの発売日と価格判明!

イーモバイル×シャープ×アンドロイド3.2の7インチ端末、A01SHの発売日が決定しました。

2011年8月30日です。
そして価格は48000円。

よかった、もっと高いかと思ったけど意外に安いですね。
ipad2やそのほかアンドロイドタブレットが存在しなければ、絶対7万とかそのくらいの価格だったのではないでしょうか。と思いますが。

モバイル無線LANルーター「Pocket WiFi」のセット販売もある、とありますがそっちがメインでしょうね。

A01SHは期待です。何せ国内ではおそらく初の7インチ3.Xのアンドロイドですから。
389gと軽いです。7インチはぎりぎち持ち運べる大きさではないでしょうか。




posted by Y1 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

イーモバイル下り42Mbps2000円代

イーモバイルが定額料金低額キャンペーンを打ち出してきました。

高速42Mbpsのモバイルルーターがなんと、月額2700円ほどで持てちゃいます。

詳細は以下から。

Gigazine
2011年8月12日 下り最大42Mbpsの「Pocket Wi-Fi(GP02)」が月額実質2000円台に、本体代も込み


この月額約2700円はいわゆる実質の値段。
ややこしいですが、実際は月額の割り引きや現金キャッシュバックなどもろもろを総合して、実質2700円と言う感じです。2年間で解約すればって、前提条件がありますね。

さらに注意しなければならないのは、月上限が5GBです。超高速を謡っていながら5GBはきついかもしれませんね。ただiPodタッチでネットブラウジングしたり、時々アプリ落として、ツイッターを呟く、程度の使い方なら5GBで十分でしょう。

パソコンでがりがりYOUTUBE見るとか、タブレットで電子書籍落として読みまくるとか、そういう方には厳しいかもしれません。

仮に今大丈夫でも2年後は分からないと言う可能性もあります。
2年を見据えて買わなければならない……なかなか厳しい買い物ですね。
割り引き使わないと馬鹿高いし。

うむむ・・・そうなると今のところ制限がないワイマックスのほうが・・・まあエリアの問題がありますが。。


追記
全部自分の勘違いです。もうしわけありませんでした。5GB制限など記載ありません。なので、そんな制限ないです。
エリアの問題はあるものの、この安価で、最強ではないでしょうか??




posted by Y1 at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | イー・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする