2013年09月15日

iPhoneどうしようかな。。。

iPhone5Sや5Cの発表があり、価格なども徐々に分かってきましたよね。。。

今現在auの回線が、更新月なので、ドコモかソフトバンクにMNPするという手があります。
docomoはスイッチ学割というのをしているので、私はまだ学生であり、これを使おうかな・・・とか思っていましたが。

※過去の学割に対象者または利用者として登録中の学生を「ドコモへスイッチ学割」の利用者とするお申込みはできません。
※注意割引条件を満たさなくなった場合、本割引は廃止となり、受付期間中であっても再申込みはできません。


というのがありました。。過去に学割を申し込んだかどうか覚えてないのですが、今現在の大学院を3月で卒業予定なので、その瞬間割引が消えちゃうってことでしょうか。。。。

そうなると料金が一気に、1050円値上がりし、2年目からはXiの乗り換え割引もなくなるでしょうから、1830円値上がりし、うまみ皆無です。

ソフトバンクにMNPだと、

○バンバンのりかえ割
他社からMNPすると、ホワイトプランの24カ月無料化

○iPhone 5c 購入サポート
iPhone 5c 16GBを新規契約やMNPで購入すると1万円キャッシュバックなど。

などがありますよね。

スマートフォン王国
どのキャリアのIPHONE 5S/5Cを買うべきか!!電波の観点からまとめたので参考にして下さいhttp://smartphoneokoku.net/archives/708



この記事なんかを見ると断然auなんですがね。。。

cかsいずれが欲しいか、と問われれば・・・・いまだiPhoneを持ったことのない私としてはsです。どうせなら最新機種高性能機種ですよね。

タッチ第四世代は使ったことあるのですが、今や机の引き出しの中です。。。




posted by Y1 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドコモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

Mr.ジャック・ポケット 考察 ジャック側で勝つためには

以前『Mr.ジャック・ポケット』というゲームレビューを書きました。

『Mr.ジャック・ポケット 多言語版』 Hurrican
人数:2人
所要時間:15分〜30分
大きさ:小さい(気軽に持ち運べる大きさ。トランプ二つから四つ分くらいの大きさ)


その時の記事はこちら

ジャックと捜査官側では、捜査官側が明らかに有利、とほかのブログでも書かれていましたし、私がやっていても10回に1度しかジャック側に勝てなかったという事実もありました。

http://gioco.sytes.net/mr_jack_pocket.htm
特に伝統的にミスタージャックが非常に不利なゲームなので、攻守交代してやるのがいいと思うし、ルールにもそう書かれている。

http://hidarigray.blog35.fc2.com/blog-entry-108.html
とりあえず、今回のプレイだけではジャック側、探偵側のどちらが有利か不利かは判断付きませんでした。
(ジャックが不利かなとも思っていますが、負けたせいかもしれませんので保留です)

http://blog.livedoor.jp/sohsak/archives/1358858.html
テストプレイではジャック側が有利な気がしました。


しかし最近2回連続、ジャック側で勝利したので、実際どうなんだろうと思いをはせてみます。
(まあ通算、16回、17回ほどやって、ジャックの勝利は5回くらいでしょうか? 正確な数字は覚えてません……)


ポイントはアリバイのアクションを取るか取らないか、というところだと思いました。
2回の勝利はいずれも砂時計6つ集めて勝利となりました。もっともいずれにせよ、残りタイルは2枚だけだったので接戦だったと思います。

ジャック側からすればアリバイのアクションって何となくとりずらいんですよね。
確かに砂時計が書かれているカードを引き当てれば、ポイントになりますし、逆に捜査官側に砂時計付アリバイカードを引き当てられ、砂時計を失うと、砂時計6枚での勝利が非常にシビアになります。
そういった意味で、取りたいカードでもあります。

ところがジャック側はアリバイのアクションというのは、タイルを守るためには何の役にも立ちません。捜査官側は、序盤であれば、タイルを一つ削ることもできるし、終盤であれば溜まった相手の砂時計を削ることもできます。時には、残り2枚の1枚を引き当てて勝利することもできます。

捜査官側には積極的に取りに行く理由があります。
ジャック側はかなり消極的に取りに行かざるを得ません。

だからゲーム中、ジャックであれば、私はアリバイカードを取りに行こうと思いません。
逆に捜査官側でしているときも、そういったジャックの気持ちを理解しているので、アリバイカードは取らないようにしています。

しかし今回2回連続勝利は、アリバイカードを取りに行った、あるいは取らされてしまったところから、6枚砂時計を集め勝利した結果になります。

■アリバイカードの情報が、ジャックが持っている情報
よくよく考えてみれば、ジャックはアリバイカードの中から1枚引いているわけですから、残りのアリバイカードを把握しているわけです。
 砂時計ナシが2枚
 砂時計1が6枚
 砂時計2が1枚
という構成です。この比率を鑑み、アリバイカードを取りに行くか否かを考える必要があるかもしれません。

■アリバイカード 期待値1
砂時計なしカードがジャックだった場合、8枚中7枚は砂時計ありのカードになるわけです。8枚の砂時計合計値は8です。
期待値は1です。引けば砂時計が1は引けるということになりますよね。
もしもそう考えられるならば、6ターンの内アリバイ証言ナシを3回叩き出せば、それでめでたく勝利となります。
6ターン逃げ回り、かつ目撃証言ナシ3回を出すというのはそんなに難易度が高くないと思います。

ちなみに、3枚のアリバイカードを引いて、2点になる確率は、約27%。4点になる確率も約27%。3点になる確率は約46%。7割がた、3点以上という事になる。


■アリバイカード 期待値0.875
砂時計1カードがジャックだった場合、8枚中6枚は砂時計ありのカードという事になります。
期待値は0.875。
こうなると判断が難しいところです。
6ターンを見るならば、4回目撃証言ナシを叩き出さないといけません。(期待値0.875×3で2.625)


■アリバイカード 期待値0.75
砂時計2カードがジャックだった場合、8枚中6枚は砂時計ありのカードという事になります。
期待値は0.75。
6ターンを見るならば、これもまた4回目撃証言を出さなければなりません。(期待値0.75×3で2.25)


■スタンスを確立する
序盤にスタンスを確立する必要があります。
後半に臨機応変にと考える必要はないかなと思います(というかそれでは負けるかな)。つまり6枚勝利を目指すのか、8ターン逃げ切る勝利を目指すのか。
可能ならば、最初の1ターン目でそれを決め打ちするのがいいでしょう。
例えばジャックが誰かを決めるとき、砂時計マークがないキャラクターを引いてしまったならば、アリバイカードを引き、砂時計6個を集める、という風に。
砂時計6個集まるという戦略と、8ターンしのぐという戦略では大きく異なるからです。
捜査官側は可能な限り半数→半数→半数と減らしていくのが基本的な戦略となるでしょう。
1ターン目で、4、5枚減らすのがオーソドックスな戦略と言えるでしょう。むろん、6枚も7枚も減らせばそれだけ有利ですが、ジャック側はそれを許しません。

もしも、ジャック側の戦略として、砂時計を集めることに主眼を置くならば、目撃されるというのは避けた方がいいので、対象見られる枚数が増えても、ジャックだけは見られないように立ち回りつつ、アリバイアクションを積極的に取っていかなければなりません。
逆に8ターンしのぐと決めると、ジャックの目撃証言ありなしに気を配らなくていいので多少肩の荷がおります。
たくさんのキャラクターを見ようとする捜査官に対して、わざとたくさん見せて、その中のにジャックを紛れ込ませればいいという事になります。その場合積極的に、アリバイカードを取りに行く理由がありません。

ということで、序盤、
 ジャックが決まった瞬間
 タイルの初期配置
 1ターン目の捜査官側の最初の一手(この時点で、2ターン目のジャック側の最初のアクションまで予測できる)
など、早い段階でジャック側の勝利条件を決め打ちすることが肝要ではないかなと思いました。


ラベル:ボードゲーム
posted by Y1 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

ドコモLTE回線がSo-netで月額約3309円

https://blog.seesaa.jp/cms/article/regist/input

ドコモ回線LTEがso-netで月額約3309円で使えます。
So-net表記では1年間3000円以下と書かれていますが、それは最初の1年目だけで、2年目から3803円となります。
計算してみますと、2年間で79422円支払うという事になります。

モバイルルーターも付くようです。下手にdocomoでモバイルルーターを契約するよりもこちらの方が安上がりかもしれませんね。
広いエリアのドコモでLTEも使え、かつ安価です。


ただ注意点もあります。

■通信速度について
・本サービス上に定める通信速度は、実際の通信速度の上限を表すものではなく、接続状況・契約者が使用する本SIMカード・情報通信機器・ネットワーク環境・その他の理由により変化し、通信速度が低下する場合があります。
・提供エリア内であっても、建物の中・地下・トンネルなど電波の届かないところ、または屋外でも電波の弱いところではご利用いただけない場合があります。
・ハイスピードプラン/ハイスピードVプランをご利用の場合、2013年10月以降、当月ご利用のデータ通信料が5GBに達した場合、当月末までの通信速度を制限させていただきます。
・ファイル交換(P2P)アプリケーションはご利用いただけません
・通信時間が一定時間を超えるとき、またはその通信容量が一定容量を超えるときは、その通信を制限、もしくは切断することがあります。
・動画ファイルの添付・ダウンロードなど、大量のデータ送受信や、ストリーミング、動画再生などの連続したデータを送受信した場合、一時的に通信速度を制限する場合がございます。
・本サービスはプライベートIPアドレスが割り当てられます。
・アプリケーションによってはご利用できない場合があります。
・ご利用されるデバイスによっては意図していない通信が発生する場合があります。
・通信速度制限、輻輳制御の内容は、変更される場合があります。
・本サービス網全体の輻輳状態が継続されることを避けるため、輻輳制御を行う場合があります。
当月を含む3日間の合計データ通信料が、500MBに達した場合、通信料を制限させていただきます。
  500MBで利用できる範囲の例
  Webページ閲覧 約2,000ページ ※So-netトップページ相当閲覧時
  メール受信 17.5万通 ※300文字テキスト
  動画視聴 約90分 ※Youtube視聴の場合

以上引用。
ということで、5GB制限です。ドコモのライトプランと普通のプランの間ということでしょうか。それでもライトプランよりも安く多く使えるという事になります(3日500MB制限があるものの)
まあもっともドコモも月額割りとかあるんですがね。

電話が不要で、ネットだけでいいならこういう選択肢もありかなと。



posted by Y1 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ドコモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lenovo、9月12日まで割引(ThinkPad2が5万円台)

http://shopap.lenovo.com/jp/portals/ad/?cid=jp:display:RIpYeg&#tablet

9月12日まで様々な商品が割引きされるようです。

・ThinkPad Edge/Lシリーズは
 本体価格7万円未満で15%OFF!
 本体価格7万円以上で20%OFF!
・短納期モデル*は一律20%OFF!
(*Edge 92zは除く)

・ThinkPad X/T/Wシリーズは
 本体価格17万円未満で20%OFF!
 本体価格17万円以上で27%OFF!

・ThinkPad Helixシリーズは25%OFF!
・ThinkPad Twistシリーズは15%OFF!
・ThinkPad Tablet2が、販売価格より20,000円OFF!

・ThinkCentre各シリーズは一律20%OFF!


あと3日しかないのでお早めに。。。ThinkPad tablet2は2万OFFで、5万円台から買えます



ラベル:Lenovo Windows8
posted by Y1 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

10.1インチクラスのWindows8タブレット

現在日本における10インチクラスのWindows8(8pro)搭載のタブレット端末は……

ICONIA W510 ※専用キーボード有 キーボードからの給電可能
ICONIA W3-810 ※8.1インチ 専用キーボード有
ASUS Vivo Tab ME400 ※専用キーボード有
surface pro ※i-core5 256GBモデルあり 専用キーボード有
Latitude 10 ※オーダーメイド バッテリー交換可能
Latitude 10 Essentials
HP ElitePad 900 ※オーダーメイド LTEモデルあり キーボードからの給電可能
ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J ※防水
ThinkPad Tablet 2
IdeaPad Miix 10

これで全部かな・・・?11.6インチを含めるともっとたくさん種類があるのか。
日本製は富士通のものしかないっていう。。。(※RTは含めていません、プリインストールのみです)

■スペックとバッテリーの話
スペック的な話で行けば、surface pro以外は全部Atom系(Atom Z2760搭載)でバッテリー稼働時間が長い。
surface proは横並びスペックの中で一つに抜きん出ている。しかしバッテリー稼働時間は短し。他端末が軒並み8~10時間の中、4時間程度となる。
バッテリーに関してはキーボードから給電可能なICONIA W510やHP ElitePad 900になると15時間以上となる。
またLatitude 10は4セルバッテリーを選択することもでき、重量は増えるがバッテリーの持ちが飛躍的に向上する。また交換可能という点で他端末よりもメリットがあるといえる。

■重さの話
重さはICONI w3-810、surface proとLatiude10、Latiude10 Essenntials、HP ElitePad 900
以外は横並びで、580g前後。

ICONIA-w3-810が500g程度。
ElitePad 900が630g程度。
Latiude10、Latiude10 Essenntialsが680g程度。
surface proは900g程度。

■その他
HPのElitedPad900なんかは、LTEモデルなどが存在し、特徴的。専用キーボードから給電可能というのもいい。
富士通のARROWS Tab Wi-Fi WQ1/Jは唯一の防水Windows8タブレットとなっており、面白い。
非常に薄い専用キーボードがあるsurface proなんかもおもしろい。最も重いけど。

■値段など
ICONIA W510 = ASUS Vivo Tab ME400 < Latitude 10 Essentials < IdeaPad Miix 10 = Latitude 10 < HP ElitePad 900 = ICONIA W3-810 < ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J = ThinkPad Tablet 2 < surface pro

以上私の主観、オーダーメイドは最低構成を想定。専用キーボードがある端末も、なしを想定した(キーボードを買うと高くなる)。
ICONIA W510やASUS Vivo Tab ME400が安い。4万くらいであるんじゃないかな。ヤフオクなどを覗くと35000円くらいで見ることも。
surface proは9万くらいだったっけな。

■microUSBからの充電に関して
これが出来るかできないかで、かなり心持が異なる。でっかいアダプターもちあるかなくても、スマフォの充電器と共有できる。出先なんかではね。
<可能な端末>
ASUS Vivo Tab ME400
Latiude10
Latiude10 Essenntials
ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J
ThinkPad Tablet 2

というわけで10インチクラスのタブレット端末が欲しいですが、結局何が欲しいか分かりません><
デザイン的にはHPのが好きなんですが。。。防水の富士通のやつにも惹かれます。




posted by Y1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレットPC全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時期AndroidOSコードネームがKitKatかぁ

kotaku
2013年9月7日 最新タブレットNexus 7が戦利品! Google×キットカットのコラボキャンペーンがスタート

Key Lime Pie予定だったのが、急遽KitKatに。
しかも秘密裏にだそうです。
遊び心があるのっていいですね。こっちまで楽しくなります、しかし固有名詞になってきているのはいいんでしょうかね・・・?
posted by Y1 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Android全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。